TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地球システムと人間」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
惑星研究の第一人者、松井 孝典先生が唱える「地球システム」。それは、地球を複数の構成要素(空気・海・大陸など)同士の関係性と、それを生み出す駆動力(地球内部や太陽のエネルギー)によって形成されるシステムとして捉える考え方です。その安定を、人間によって構成される「人間圏」が壊していると松井先生は言います。化石燃料を駆動力として獲得した人間が「人間圏」を拡大し、地球上の物質やエネルギーの循環を変えてしまっているのです。その結果、オゾン層破壊による紫外線の増加や、CO2増加による地球温暖化など、地球システムからの「負のフィードバック」が起こり、「人間圏」そのものが危機に瀕しつつあるのです。
人類が「地球システム」と共に生き残るためにはどうしたらいいのか?今回のお話を通して一緒に考えてみましょう。

たのかがのひとこと解説:
地球のさまざまな営みの源は何でしょうか。それは「太陽エネルギー」です。地球の歴史は太陽エネルギーに支えられ続けた歴史であります。しかし人間はその太陽エネルギーに匹敵(というと語弊があるかもしれませんが)するだけのエネルギーを使用できるようになりました。それが化石燃料です。化石燃料を消費する「人間圏」の拡大が、太陽エネルギーを主とする地球システムのバランスを崩している・・・というのが松井先生の考え方です。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地産地消の再生可能エネルギー ~バイオマス~」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
家畜の糞尿や生ゴミ、建築廃材など、生物用来の資源『バイオマス』。これらを燃料とした『バイオマス発電』は、太陽光や風力による発電と比べ、どのような利点があるのでしょうか。国内にふたつのバイオマス発電所を持つ株式会社ファーストバイオスに話を聞きました。
最大の利点は、太陽光や風力と違い、時間帯や天候に左右されず、安定した電力の供給ができるということです。加えて、太陽光のように広い場所を必要とせず、風力のように場所を選ばないため、どこにでも建設できます。また、主に燃料となる資源を発電所のある地域から調達するため、地産地消のエネルギーを生み出す産業として、広がりを見せる可能性を持っています。地域に根ざした国産のエネルギーとして、今後の発展が期待されます。

たのかがのひとこと解説:
バイオマス発電にも方法はいくつかあり、そのまま燃やして火力発電する方法や、バイオマスを発酵させて作り出したメタンで火力発電する方法などです。バイオマスが広がった一つの理由は、「カーボンニュートラル」という考え方が出てきたためです。この考えが正しければ、バイオマス発電は大気中の二酸化炭素を一切増加させない発電といえるのですが、そもそものカーボンニュートラルの考えはとても複雑で、そんなにうまくいくわけないという反対の意見もあります。いろいろな複雑な問題が絡んでくるバイオマス発電、人類がこれを是が非か判断できるのは当分先になることでしょう。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
electriclight.jpg

昨年ほどの注目はありませんが、原発事故や節電等の影響で、電力やエネルギーについての国民の興味関心はいまだに高いままのように感じます。原発反対デモなんてのもありましたしね。

それを反映してか、いろいろな組織・会社がエネルギーについてのまとめサイトを作るようになりました。
今回紹介するのもそんなまとめサイトのひとつ。

日本の電力地図|株式会社スプール

日本全国にある発電所の「種類」「場所」「発電量」がひと目でわかる、大変シンプルでわかりやすいサイトです。
(開設当初は一部間違った記載もあったのですが、今は直っている様子。でも保証はできません。)

地域をクリックするとそこが拡大表示され、火力発電所は赤色、原子力発電所は黒色、水力発電所は青色・・・というように、発電所の場所が地図上に表示されます。
また発電所の円の大きさはその発電所の最大発電量を表しています。
ページの下部にはその発電所の詳細がリスト表示されています。

眺めているだけでもそれなりに楽しいのですが、このページをエネルギー学習に使うためのポイントを考えてみました。興味がありましたらぜひ読んでください。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
昨日の報道ステーションで、「塩からつくる蓄電池が開発中」なるニュースがやっていました。

現在の蓄電池の主流は、リチウムイオン電池ですが、これに使われているリチウムは貴重な金属と言うこともあり、供給の不安定化や価格変動によって、電池の価格が高騰してしまうことが欠点としてあります。
この高価格というデメリットを無くすためには、どこにでもある物質から蓄電池が作れればいいわけです。

番組では、東京理科大学で研究開発が進められている、「塩を材料にした蓄電池」にスポットを当てて取材がされていました。
ですがその中で、明らかに間違ったことを言っていたことに気づきました。しかもかなり重要なところで。

マスコミによる誤報・ねつ造のたぐいは珍しいことではありませんが、今回は(私が気づいてしまったということもあり)この件について記事を書こうと思います。

ぜひ多くの人に読んでいただきたい。
詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
paper3.jpg

前回:飛鳥山山頂にある紙の博物館はとても良い雰囲気

日本において紙と言うと、「和紙」と「洋紙」の2つに大きく分類されると思います。
和紙は皆さんよくご存じだと思います。独特のザラザラ感のある、日本古来の紙です。
洋紙とは近代において、私たちが普段使用している一般的な紙のことです。コピー用紙、画用紙・・・など様々な用途で使われています。

洋紙は和紙と比べると大量生産に向いているため、近代以降、生活のあらゆる場面で使われるようになりました。一方で相対的に、和紙の製造・利用は減少しています。

洋紙と和紙はどちらも紙ですので、原材料は木材です。しかし、その製造方法は大きく異なっています。
今回は、洋紙の製造方法にスポットを当て、洋紙作りがいかに手間のかかる作業なのかを解説していきます。

解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
以前このブログでも取り上げた、渋谷にある電力館が閉鎖していました。

電力館の運営母体は東京電力ですので、よほど鈍感な人でなければ、なぜ閉鎖されたのかはおおよそ察しがつくはず・・・。
確か今年、電力館はリニューアルしたばかりだと思ったのですが・・・仕方ないですね。

私も、電気について勉強するなら電力館が近場で良いですよ、と紹介しておきながら、まさかその翌年になくなってしまうとは思ってもいませんでした。これで中高生向けの代表的な校外学習スポットがひとつ減ってしまいました。

ただ、電気、とくに原子力発電について勉強したいなら、東京電力だけでなく他の電力会社も原発PR館を運営していますので、そちらに行ってみるという手もあります。東京都内にはなかったと思いますが・・・。(そもそも、それらもいまだに営業しているか分からない。)
原発推進派の立場からの貴重な解説を見ることができるでしょう。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
原発の停止などによって、夏場の電力供給が不足し、暑い中での停電などの不自由な生活を強いられる可能性が出ています。
停電を回避するには、電力消費を抑えるか、電力供給を増やすかしかありませんが、供給を増やす方法として現在検討されている案のひとつが、「揚水発電所の稼働を増やす」ことだそうです。

発電所を新規に建造するには年単位の期間が必要ですので、この夏までには間に合いません。すると最も手っ取り早いのは、既にある発電所の稼働率を上げることです。

では、稼働率を増やすことが計画されている揚水発電とは、一体どのような発電方法なのでしょうか。

解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。