TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「京都伝統技術を科学する 第二回 左官技術の継承」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
かつて左官職人は、家のことならなんでもこなせる「多能工」でした。しかし近年、加速化する仕事の分業化により、その技術は失われつつあります。
江戸時代から続く左官屋の三代目、佐藤ひろゆきさんは、そうした状況を憂い、伝統みらい教育研究センターと協力し、左官という仕事の「見直し」に取り組んでいます。まず行ったのは、左官職人が使う土の分析。何故、藁を混ぜて使うのか。分析の結果、藁が発酵し、土に糊状の成分が溶け出し、作業しやすい土になっていることを発見しました。更に、熟練者と非熟練者の、作業時の姿勢の違いなど、様々な解析を行い、蓄積したデータを元に、若い技術者が使える「左官の教科書」をつくることを目指しています。そこには「薄く頑丈 美しい仕上がり」京壁作りの秘密があります。

たのかがのひとこと解説:
こちらの記事をご覧ください。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「夢の宇宙寝台車?!」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
鹿児島大学の半田利弘教授は、電波天文学の研究者であると同時に、子供の頃からの大の鉄道ファンでもある。埼玉県の鉄道博物館で行われた「宇宙と鉄道」というイベントで、「宇宙エレベーターは、寝台列車のような形になるはずだ」と、鉄道ファンならではのアイディアを披露した。地上36,000kmに浮かぶ衛星や宇宙ステーションまで、時速300kmと、ほぼ新幹線と同じ速さで昇って行っても5日間かかるため、宿泊施設が必要。また、細いロープに沿って昇っていくため、列車のような縦に長い構造になるはずだというのだ。『宇宙の寝台列車』という夢のあるアイディアに、会場の子供たちの目はキラキラ!!

たのかがのひとこと解説:
静止衛星軌道上に巨大な宇宙ステーションを設け、そこから地上まで細いロープを垂らし、そのロープを上ることで宇宙まで行けるようになる設備、それが宇宙エレベーターです。建設のポイントとなるのは、細くて頑丈なロープをどう作るか、ということ。注目されているのが炭素でできた「カーボンナノチューブ」。じつは宇宙エレベーターの研究で世界をリードしているのは日本だったりします。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
sciencechannel.jpg

文部科学省直轄のJST科学技術振興機構が運営する放送局「サイエンスチャンネル」で、この4月から放送が始まった新番組「ニュースミニ」に、私が監修として制作に参加しています

本番組は、科学にまつわるさまざまなホット・トピックを、約2分という短時間にギュッと詰め込んだ、まさにミニなニュース番組です。メジャーなネタからマイナーなネタまで、ありとあらゆる事柄を題材にします。
なにせ2分という短時間番組なので、専門的なことをダラダラ流される従来の科学番組よりは、気軽に見られるのではないかな、と思っています。数ヶ月かけて、全数十回の放送を予定しています。

メインターゲットはずばり中学生や高校生! たくさんの若者に見てもらいたいです。
興味がわいたネタについて調べたり勉強してみるきっかけになってくれれば、とっても嬉しいですね。

なお本番組はサイエンスチャンネル公式サイトだけでなく、Facebook,YouTube,ニコニコ動画の各公式チャンネルでも同時放送されます。お好きなチャンネルからご覧になることができます。
とくにソーシャル系チャンネルですと、動画へのコメントもできますので、どんどんコメントいただければ嬉しいです。

当ブログでは、ニュースミニ全話を取り上げ、簡単な解説をつけて紹介していくことを目指します!
(本業が忙しいためどこまで続くかわかりませんが・・・。)
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
通勤に使用している東武東上線のホームの電光掲示板に、数日前からちょっと物騒な注意書きが流れるようになりました。

”火薬や発煙剤などの危険物、硫酸・塩酸などの他のお客様に危害を加えるものの持ち込みはしないでください。”

といったもの。(他にももっと書かれていましたが。)

「車内への危険物の持ち込みはご遠慮ください」という注意書きはよく耳にしますが、ここまで具体的な品目が書かれたものは初めて見ましたよ。
東武線で最近なにかあったのか、テロ対策のためなのか、はたまた先日起こった事故のせいなのか・・・理由はわかりませんが、きっとなにかあったのでしょう。

てか、”硫酸・塩酸など他人に危害を加えるもの”って・・・危害とかそーゆーレベルじゃねぇ、というツッコミを入れつつ、一方で「じゃあ硝酸とか水酸化ナトリウムならいいのか?」(←もっとヤバイ)というくだらない揚げ足取りを思いついてしまった私は性格がゆがんでいると言わざるを得ない(笑)

とにかく、公共交通機関に危険物を持ち込むのはやめましょう、ということですね。当たり前のことだけど。

それでちょっと調べてみたのですが、国土交通省が「鉄道の安全利用に関する手引き」なる冊子を発行していることを知りました。
よくあるマナー啓発本ではなく、鉄道に関する法律や安全に利用するための指針などが書かれている、子ども~一般人向けの冊子です。
これ、道徳(生活?)の教材として使えるんじゃないの?とか思ったり。
[タグ] 化学 酸と塩基
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
昨年ちょっと話題になったこちらのマシン、ご存じですか?



これは、防衛省技術研究本部(通称:TRDI,技本)が開発した球体偵察機です。遠隔操作によって動作し、ホバリングおよび高速での飛行が可能、さらに、陸上を転がって移動することも可能な、なかなかアイデアに満ちた偵察機です。
有事(戦争)の際、偵察機として役立つだけでなく、災害発生時にも役に立つのではないかと期待されています。

さて、このような軍事技術・兵器を研究開発するために、先進国は国立の研究機関を設けているのが通例です。国防や外交は国家の仕事であるので、それに関することは国が主導して行うのは当然の流れでありましょう。
例えば、世界最強の軍事力を誇るアメリカには、国防総省直属の国防高等研究計画局(通称:DARPA)なんて機関が存在し、べらぼうな予算を投入して様々な技術を研究・開発しています。(実際は予算を民間研究者にばらまいて研究を支援するという形。)
私たちが日頃お世話になっているインターネットやGPSは、DARPAが支援した研究から生まれたものです。多くの民生技術は軍事技術が元になって成り立っているわけですね。

それで、日本はどうなのかってことですが・・・続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
yakkaihousha.jpg

今日のTwitterの注目ワードに「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」なんて単語があったので、気になって調べてみると、とても良さげな書籍にたどり着きました。売れ筋みたいです。

学習院大学の田崎晴明先生が書かれた「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」というもので、タイトルの通り、原発事故に関連して多くの人に放射線についての正しい基礎知識を持ってほしいということで書かれたもののようです。

書籍版は1050円で販売されているのですが、驚いたのは内容がほぼ同一のものをPDFファイルとして無料配布されているということ! 少し内容が削減されてはいるようですが、それでも圧巻の180ページ! 氏のサイトからダウンロードできました。

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識

PDFファイル形式なので、iPadなどに入れて電子書籍として読むことが可能です。紙媒体が良いという方や、先生を応援したいという方は書籍版を購入されると良いでしょう。
Amazonへのリンクはこちら
やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 [単行本(ソフトカバー)]

私はまだ序盤しか目を通していないのですが、とてもわかりやすく、基礎の基礎からまとまっている感じです。
対象年齢が中学生以上とのことなので、中学生でもじゅうぶん理解できると思います。

内容だけでなく、他にも私がそそられたところがありました。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


我々の生活にはなくてはならない電池。何の変哲も無いただの金属の塊から、電気が発生するわけですから、そのしくみはさぞやハイテクだろうと思う人も多いと思います。
ただ、電池が電流を生み出すしくみは、中学生でも理解できるほど単純なものなのです。

電池を作るためには、3つの材料があればいいのです。
それは、「-極として反応する物質」「+極として反応する物質」「電解質水溶液(電解液)」です。
詳しく言うと、「-極として反応する物質が電子を放出して」「+極として反応する物質がその電子を受けとって」「その二つの材料の間を電解液が仕切っている」という構造を作ればいいのです。これによって電子が移動するので、電池として機能します。
たったこれだけ! この3つの材料を用意すれば、誰でも簡単に電池を作ることができるのですな!

もちろん、どんな物質でも良いというわけではなくて、実用に耐えうる電池にするには、それぞれに適切な材料を選ばなくてはいけないわけですが・・・。
例えば、今は目にする機会がめっきり減ったマンガン乾電池ですが、これは-極に亜鉛を、+極に酸化マンガン(IV)(二酸化マンガン)を選択しています。

ところでマンガン乾電池は一度使い切ると充電できないために使い捨てとなってしまいます。資源もお金ももったいない。
というわけで、現在いろいろな機器に使われている電池が、充電ができる「蓄電池」なわけですね。

今主流の蓄電池は、リチウムイオン電池ですね。携帯電話,ゲーム機,ノートパソコンはもちろんのこと、自動車にも搭載されはじめています。
コバルト酸リチウムという物質を使用し、リチウムイオンLi+を移動させることで電子の流れを作るリチウムイオン電池は、大容量・高速充電というすばらしい性質を持った高性能電池です。
リチウムイオン電池の概要については、以下の動画を見ると良いのではないでしょうか。

進化しつづける!リチウムイオン電池|サイエンスチャンネル

さて、高性能なリチウムイオン電池ですが、欠点もあります。それは、値段が高いこと・・・。
材料の一つ、コバルト酸リチウムが希少なため、どうしても製造費が上がってしまうのです。

というわけで、リチウムイオン電池以上の高性能を、かつ安価に実現できる、新しい蓄電池の開発が進められています。
そして昨日、次世代電池として期待がかかる、「アルミニウムイオン蓄電池」の開発に一歩近づいたというニュースが!

アルミニウムイオン電池とはどのようなものなのか? どんなメリットがあるのか? そしてその実力は? など、わくわくする解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。