TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地球システムと人間」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
惑星研究の第一人者、松井 孝典先生が唱える「地球システム」。それは、地球を複数の構成要素(空気・海・大陸など)同士の関係性と、それを生み出す駆動力(地球内部や太陽のエネルギー)によって形成されるシステムとして捉える考え方です。その安定を、人間によって構成される「人間圏」が壊していると松井先生は言います。化石燃料を駆動力として獲得した人間が「人間圏」を拡大し、地球上の物質やエネルギーの循環を変えてしまっているのです。その結果、オゾン層破壊による紫外線の増加や、CO2増加による地球温暖化など、地球システムからの「負のフィードバック」が起こり、「人間圏」そのものが危機に瀕しつつあるのです。
人類が「地球システム」と共に生き残るためにはどうしたらいいのか?今回のお話を通して一緒に考えてみましょう。

たのかがのひとこと解説:
地球のさまざまな営みの源は何でしょうか。それは「太陽エネルギー」です。地球の歴史は太陽エネルギーに支えられ続けた歴史であります。しかし人間はその太陽エネルギーに匹敵(というと語弊があるかもしれませんが)するだけのエネルギーを使用できるようになりました。それが化石燃料です。化石燃料を消費する「人間圏」の拡大が、太陽エネルギーを主とする地球システムのバランスを崩している・・・というのが松井先生の考え方です。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地震予知の科学」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
東日本大震災以降、あらためて地震予知の精度が問われています。
このテーマのサイエンス・カフェは満席の賑わいを見せました。スピーカーは京都大学大学院工学研究科の後藤忠徳(ごとうただのり)准教授。藤准教授は言います。95年の兵庫県南部地震をきっかけに、もっと観測技術を高めるべきだという流れが生まれ、以来10年以上観測技術を積んできたが、東日本大震災で、全く力が足りなかった事を思い知らされたと。日本列島をとりまく4枚のプレート構造は複雑で、我々の想像以上に断層や地震は複雑な挙動をする。これを理解する手だてとしては地面の下を正確に計り立体的に可視化する透視力を高めることが重要で、それが地震の予知・予測に役に立つと信じていると語ってくれました。

たのかがのひとこと解説:
東日本大震災の前後で、日本国民の科学や科学者に対しての信頼は少々失われてしまった、なんて統計結果が出たことがあります。これは仕方の無いことなのかもしれませんが、地震のようにとくに地球規模の現象について科学がすべてを解き明かす(しかも確実な予知技術を確立する)のは、数年や数十年では不可能です。それでもなんとかして、少しずつでも脅威に立ち向かっていく・・・そんな科学者の姿勢も多くの人に見てもらいたいなと思います。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「一家に1枚!!宇宙図」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
137億年という、気が遠くなるほどの長い歴史を持ち、いまだに膨張し、広がり続ける宇宙。その時間と空間を、最新の観測データを元に、1枚のポスターで表現したのが「宇宙図」だ。細分化・専門家しつつある天文学の様々な領域同士がどのように関連するのか。日々ニュースなどで目や耳にする宇宙に関する事柄が、宇宙全体の中ではどのような位置づけになるのか。ひと目で俯瞰できるこのポスターは、天文学の専門家だけでなく、デザイナーや建築家など様々な人々の協力によって制作され、専門知識が無くても理解できる内容となっている。まさに「一家に一枚!!」
完成発表イベントでは、天文ファンを中心に多くの人が訪れ、ポスターが表現する『宇宙の歴史と広がり』について、熱心な質疑応答がなされた。

たのかがのひとこと解説:
縦軸と横軸にそれぞれ時間と空間をおいて、宇宙の広がりを一目で表したグラフ図を「宇宙図」というそうです。ポスターサイズの中に、これでもかというくらいぎっしり情報が書き込まれています。以前、化学の分野においては「一家に一枚!周期表」なんてキャンペーンが流行りましたが、宇宙図の方も見応え十分。お部屋のインテリアとしてはアリな気がします。科学啓蒙においては、こういったビジュアル要素ってすごく大事だと思っています。
[タグ] 地学・天文学
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「夢の宇宙寝台車?!」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
鹿児島大学の半田利弘教授は、電波天文学の研究者であると同時に、子供の頃からの大の鉄道ファンでもある。埼玉県の鉄道博物館で行われた「宇宙と鉄道」というイベントで、「宇宙エレベーターは、寝台列車のような形になるはずだ」と、鉄道ファンならではのアイディアを披露した。地上36,000kmに浮かぶ衛星や宇宙ステーションまで、時速300kmと、ほぼ新幹線と同じ速さで昇って行っても5日間かかるため、宿泊施設が必要。また、細いロープに沿って昇っていくため、列車のような縦に長い構造になるはずだというのだ。『宇宙の寝台列車』という夢のあるアイディアに、会場の子供たちの目はキラキラ!!

たのかがのひとこと解説:
静止衛星軌道上に巨大な宇宙ステーションを設け、そこから地上まで細いロープを垂らし、そのロープを上ることで宇宙まで行けるようになる設備、それが宇宙エレベーターです。建設のポイントとなるのは、細くて頑丈なロープをどう作るか、ということ。注目されているのが炭素でできた「カーボンナノチューブ」。じつは宇宙エレベーターの研究で世界をリードしているのは日本だったりします。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
sciencechannel.jpg

文部科学省直轄のJST科学技術振興機構が運営する放送局「サイエンスチャンネル」で、この4月から放送が始まった新番組「ニュースミニ」に、私が監修として制作に参加しています

本番組は、科学にまつわるさまざまなホット・トピックを、約2分という短時間にギュッと詰め込んだ、まさにミニなニュース番組です。メジャーなネタからマイナーなネタまで、ありとあらゆる事柄を題材にします。
なにせ2分という短時間番組なので、専門的なことをダラダラ流される従来の科学番組よりは、気軽に見られるのではないかな、と思っています。数ヶ月かけて、全数十回の放送を予定しています。

メインターゲットはずばり中学生や高校生! たくさんの若者に見てもらいたいです。
興味がわいたネタについて調べたり勉強してみるきっかけになってくれれば、とっても嬉しいですね。

なお本番組はサイエンスチャンネル公式サイトだけでなく、Facebook,YouTube,ニコニコ動画の各公式チャンネルでも同時放送されます。お好きなチャンネルからご覧になることができます。
とくにソーシャル系チャンネルですと、動画へのコメントもできますので、どんどんコメントいただければ嬉しいです。

当ブログでは、ニュースミニ全話を取り上げ、簡単な解説をつけて紹介していくことを目指します!
(本業が忙しいためどこまで続くかわかりませんが・・・。)
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


10月30日の17時40分頃、国際宇宙ステーション(ISS)が東日本上空を通過するところを肉眼で観測できるとのことで、写真撮影を試みました。
私は国際宇宙ステーションを肉眼で見たこともありませんでしたし、もちろん写真すらも撮ったことがなかったので、まったくの初チャレンジでした。

宇宙ステーション自体は、常に地球の400kmほど上空を飛行しているので、自分たちが住んでいる地域の上空を通過することについてはさほど珍しくないのですが、肉眼で観測できるかとなると、時刻は夜、宇宙ステーションに太陽光が反射している、地球の影に隠れない・・・といった条件が必要になるので、それなりに珍しいのではないかと。

JAXAのホームページから宇宙ステーションの軌道情報をあらかじめ仕入れておき、カメラを三脚に固定して時が来るのを待つのみです。
そうして撮影した写真がこちら。

2012-10-30_174241.jpg

白い線のようなものが見えるでしょう? それです。写真にすると小さいですが、肉眼で見ていると目立ちます。結構明るかったです。
ただ一番驚いたのは、その速度。わかってはいたものの速い! すごく速い! 肉眼で見え始めてから見えなくなるまでたった5分しかないのです。その短時間に空の端から端までを突っ切るわけですから、その速度は驚くべきものです。白い点が音も無く空を駆け抜けていくのです。
感動と同時に不思議な感覚が味わえました。ぜひ皆さんも一度は見てみてほしいと思います。

天気が曇りなのが凄く悔やまれる! 雲が多いので、見えたと思った次の瞬間にはまた隠れて・・・の繰り返し。なかなか高難度でした。(しかもこの1時間後には雲がすべて晴れたという・・・もちっと早く晴れてくれよっ!)

小さくて見にくい、という方のために拡大画像も載せておきました。
続きは以下から。
[タグ] 地学・天文学 JAXA
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


国立科学博物館にて、「元素のふしぎ」という特別展が開催されています。
今回はこの元素のふしぎ展に行ってきましたので、展示の概要紹介と、一人の理科教師としての感想を書いていきたいと思います。ちょっと厳しめのツッコミもしてみようかと・・・。

あと、はじめに言っておきますが、基本的に国立科学博物館で開催される特別展は1フロアしか使用しないため、規模としては小さいです。今回のこれも、過去の特別展と同様にボリュームは少なめです。しかしこの狭い空間でいかに多くのことを伝えるかということで、企画者の腕が試されているような、そんな気がいつもしています。

さて、科学(化学)を語る上で元素は切っても切れない関係です。この宇宙は全て元素でできている、と言うと言葉の意味としては不正確ですが、まあそれくらい元素は全ての源であるわけです。
そういうこともあり、元素に関連した展示会や学習教材は数え切れないほどあります。この夏は科博以外でも元素に関する展示会が開催されているはずですし、書店に行けば元素や周期表についてのたくさんの書籍を目にすることができます。
そしてその多くは、全ての元素の説明と、その元素の用途について例を挙げて紹介しているものがほとんどのように感じます。つまり、元素を身近に感じて興味を持ってもらうための手法としては、それが古くから確立された最適解である、と私には思えてくるのです。(否定しているわけではありません。)

今回の「元素のふしぎ」も、それらと同じように、全元素の説明とその用途に注目した展示会と言えました。

展示概要と感想は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。