TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
群馬県(他県にもまたがりますが)にある尾瀬国立公園に、同僚の先生とともに行ってきました。ただ一番有名な尾瀬ヶ原ではなく、同じ国立公園内にある日本百名山のひとつ、至仏山(しぶつさん)の登頂が目的です。

至仏山は、その地質,植生,地理など、様々な点で特徴的な山なのです。今回は、その尾瀬・至仏山についていろいろ学んできましたよ。

2012-07-15_051040.jpg
早朝5時、スタート地点の鳩待峠(はとまちとうげ)に着きました。鳩待峠は尾瀬観光の拠点。尾瀬ヶ原へ向かう道もここから出ています。観光客の多くはもちろん尾瀬ヶ原の方へ・・・。

至仏山登山のセオリーコースは、この鳩待峠から西に向かい、小至仏山(こしぶつさん)山頂を経由、そこから尾根づたいに至仏山山頂まで行くルート。一般的な片道タイムは3時間ほど、往復では5時間強らしい。(ちなみに私は3時間も山登りをした経験がありませんでした! 不安!)
それでは、いざ出発!

しかし不運にも、”雨”という最大の敵が待ち構えていたのです・・・!
旅の続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
昨日の日本の朝は、金環日食という一大天文イベントで盛り上がりました。
私も出勤中の時間を利用してバッチリ観察しました。雲が薄かったことが幸運でした。

本格的に日食を写真におさめたかったのであれば、ちゃんとしたカメラとちゃんとした遮光レンズを使うべきなのでしょうが、あいにくそのような物は持っていなかったので、日食グラスとスマホのカメラで撮影してみることにしました。

結果からすると、「撮影は」できました。
ただ、携帯電話のカメラには光学ズームがまず付いていないので、撮れた太陽の像は非常に小さいものでした。(アイコンサイズ!)
むしろ、こんな小さな像でもはっきりと金環が確認できたことに驚きでしたね。
ノイズも結構乗っていますが、暗い写真なので、これは致し方ないと言ったところでしょうか。

2012-05-21_072906.jpg
金環日食まであと数分となった部分日食。ちょっとピンぼけ。

2012-05-21_073433.jpg
金環日食の食の最大時。小さい像でも、美しさが感じられる。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


以前、東京都北区王子の博物館巡りをしたことがありましたが、今回は東京都北部の自然を学べるスポット、「名主の滝公園」(なぬしのたきこうえん)に行ってきました。

ここはもともと江戸時代、この地域の名主が整備した庭園でした。現在では北区が管理する公園となっています。
名前にもあるように園内には滝があり、これがシンボルなのですが、たんなる”滝のある公園”で片付けてしまうのはもったいない。この公園の景色は、関東平野のある特徴的地形によってもたらされているのです!

この公園で見られる関東平野の特徴とはなんなのか? またどんな自然環境が残っているのか?
水と緑あふれる名主の滝公園の見学レポートは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


宝登山登山からの帰り、長瀞のもう一つの名所にも行ってきました。
天然記念物として有名な、長瀞渓谷です。

長瀞渓谷は荒川上流部にある渓谷で、荒川を挟んで「岩畳」と「秩父赤壁」という(地質学的に)有名かつ価値のあるスポットがあります。
秩父鉄道の上長瀞駅と長瀞駅の間にあり、駅から歩いてすぐに行くことができます。

長瀞渓谷は、「日本地質学発祥の地」といわれています。
明治時代、政府の依頼によって日本にやってきたドイツの地質学者、ナウマン博士によって長瀞渓谷は発見されました。このナウマン博士は、日本に近代地質学を伝えた第一人者でした。博士は、長瀞渓谷の発見だけでなく、フォッサマグナ(東日本と西日本を分断している広い地帯)の発見などでも名が知られています。
それだけでなく、長瀞渓谷には地質学的に貴重な地層や岩石があることから、上記のように「発祥の地」と言われるようになりました。

散歩がてら、岩畳を歩いてきました。
続きと、簡単な解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、日本のお役所もやるときはやる! ということを見せつけられた、日本の準お役所製アプリ、
「地球マテリアルブック」です。

このアプリは、有名な科学館の一つである日本科学未来館が制作した書籍アプリです。無料です。うれしい。
日本科学未来館は、独立行政法人・科学技術振興機構が運営しているので、準お役所製アプリとも言えるでしょう。

「書籍アプリ」とジャンル分けしたように、「いろいろ操作する」というよりは「読み物」として利用するアプリです。タイトルからはなかなか中身が予想しづらいです。一体どんな書籍なのでしょうか。
詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
ipad_nasaviz_1.jpg

iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、以前紹介した「NASA App HD」よりは知名度は低いもののこちらもNASAの公式アプリ、
「NASA Visualization Explorer」です。

NASAの行っている、宇宙・地球に関する詳細かつ難しめの研究を、動画やテキストで見ることができるアプリです。もちろん無料。
詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
ナショナルジオグラフィックと言えば、誰しも一度は聞いたことがあるであろう有名な科学系メディアです。
もともとはアメリカで活動している会社ですが、日本でもホームページを運営しています。もちろん日本語でです。

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

ナショナル ジオグラフィック社は、ナショナル ジオグラフィック協会(National Geographic Society)の事業運営団体として、120年の歴史に裏打ちされた、臨場感溢れる映像や、専門家による正確な記事などの上質なコンテンツを保有する団体です。同協会とともに、これまで世界中の科学・教育・調査・探検プロジェクト等を支援し、多大なる文化発展に貢献してきました。

と紹介文にあるように、たくさんの科学コンテンツを保有している団体です。
ちょっと難しめの科学ニュースから、臨場感あふれる写真・動画など、さまざまなコンテンツを無料で見ることができます。
「ジオグラフィック」との名前の通り、生物・地学・天文分野の記事が多いように感じます。化学分野の記事はあまりなさそうですね。

でも、科学系ポータルサイトとしては大変おすすめできますよ!
ぜひ覗いてみてください。良い意味で日本っぽくない雰囲気です。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。