TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
地下鉄車内で缶破裂:洗剤散り乗客14人けが…丸ノ内線|毎日新聞

10月20日に発生した地下鉄車内でのアルミ缶破裂事故。
原因について正式な発表はまだですが、アルミニウムと強アルカリの化学反応によるものである可能性が強まっています。

事故を起こした女性の証言によると、「コーヒーの空き缶(アルミ製)の中に業務用洗剤を入れて、フタで密閉していた」とのこと。

アルミニウムは両性元素で、簡単に言うと酸にもアルカリにも溶ける性質があります。普通、「金属は酸に溶ける」と言いますが、一部の金属はアルカリにも溶けるわけです。
一方で、業務用洗剤の主成分は強アルカリ性の溶液です。水酸化ナトリウムとか水酸化カリウムとか。強アルカリ性の溶液はタンパク質を溶かすので、配水管の汚れ等に効き目があるわけです。

つまり、アルミ缶の中に強アルカリ性溶液を入れると、化学反応を起こしてアルミ缶が溶けていくわけですね。
アルミニウムと水酸化ナトリウムを反応させたときの化学反応式を見てみましょう。

2 Al + 2 NaOH + 6 H2O → 2 Na[Al(OH)4] + 3 H2

Na[Al(OH)4]はテトラヒドロキソアルミン酸ナトリウムという物質です。それと同時に水素が発生することが分かります。
洗剤が入れられたアルミ缶は密閉されていたわけですから、発生した水素は缶の中に充満して内圧を高めます。そして缶の強度がそれに耐えきれなくなった瞬間に破裂した、と考えるのが可能性としては最も高いでしょう。

実際に、アルミニウムと水酸化ナトリウムが反応する様子の動画がありました。



では、強アルカリ性の溶液はどのような容器に保存すればいいのか?
など、続きは以下から。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
東日本大震災での津波によって多くの家屋が破壊され、そのがれきの処理が問題となっています。
発生したがれきの量もさることながら、福島県に近い地点のがれきについては放射性物質についての不安もあるでしょう。
被災地のがれきを受け入れて処理をする自治体の多くは、持ち込まれるがれきの放射線量を測定するなどして近隣住民の不安を解消しようとしています。

最近は落ち着いてきましたが、被災地の”あらゆるもの”に過激なまでの拒否反応を示す人も少なからずいました。放射性物質は人間に害をなすものですから、恐れて、それを拒否する姿勢はもっともではあるのですが、行きすぎた拒否反応は「差別」を生み出します。
正しい科学的知識をもって、どこまでが危険か、どこまでが安全かを判断していくべきでしょう。

まれに、公的機関等が住民への不安解消のため「放射性物質は含まれていません」という表現を使うことがあります。この記事では、このフレーズは正確には間違いであるということを解説していきます。
しかし、公的機関がこのような不正確な表現をしなければいけないということは、放射線についての正しい知識がいまだ国民全体に広まっていないことの証明でもあるように感じます。

誰が悪いのか、誰に責任があるのか、という話ではなく、淡々と解説していきます。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
fire.jpg

理科実験、特に化学実験は常に危険と隣り合わせです。教員自身の安全だけでなく、生徒全員の安全にも配慮しなければならないので、実験計画や準備には気を抜くわけにはいきません。(それでもたまに失敗してしまいます。幸い生徒を巻き込んだことがないのが救い・・・。)

化学実験で起こる事故の種類はたくさんありますが、その中でもしばしば発生する、”定番の事故”というものがあるそうです。
なんでもそれは、「水素の爆発事故」なんだそう。

今年の3月にも、その水素爆発事故が広島県の中学校で起こってしまいました。

理科の実験中にフラスコ爆発 中学生4人軽傷|スポーツニッポン

水素の燃焼(爆発)実験は小学校でもやるような定番中の定番実験。それのどこに落とし穴が潜んでいるのでしょうか。
それは、水素の特徴的な性質がカギとなってくるのです。

解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
fire.jpg

岐阜県にあるマグネシウム加工会社倉庫で火災が起き、保管してあった大量のマグネシウムが長時間にわたって燃え続けるという事故が発生しました。

マグネシウム倉庫で火災、放水危険で消火難航|読売新聞

金属であるマグネシウムは、軽くて丈夫な合金(複数種類の金属を混ぜたもの)の原材料などとして重宝されていますが、ひとたび火災を起こすと、消火しにくい、危険な物質としても有名なのです。

以前、私が制作した以下の動画でも簡単な解説をしていますが、

今回はさらに、マグネシウムの危険性とその消火方法についてじっくり解説していきます。

マグネシウム火災のどこが危険なのか? そしてその驚くべき消火方法とは?
解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
ちょい派手 化学実験コレクション PART-5を公開しました。



学校でできる、燃焼系・爆発系 化学実験を紹介します。今回はニトロセルロースの製造と燃焼試験に挑戦。とても身近なあるモノを材料に、とても危険な物質を作ります。今回の実験は、安全な工程は一つもないくらい危険。なるべくマネしないでね。もちろん、ハイスピードカメラによる映像もありますよ。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
fire.jpg

数日前にちょっと話題になった、学校における事故のニュースです。

先生“失敗”小4女児の顔大やけど アルコールランプわざと倒し引火|スポーツ報知

” 「実演してみるのが一番だ」と判断した教諭は、両手で火がついた卓上のランプを倒した。炎は、約1・4メートル離れた前列で中腰の状態でみていた女児の顔面へ。両頬と振り払おうとした両手首に大きなやけどを負った。驚いた教諭は保健室に連れて行き、応急処置をしてから救急車を呼んだ。
 炎が上がると同時にぬれゾウキンをかぶせて消火してみせるつもりだったが、火を押さえきれなかった。発火実験は、文科省の学習指導要領に入っておらず、教諭の独断で行ったものだった。”


机の上に可燃性の液体がこぼれて引火してしまったとしても、あわてずに濡れぞうきんを被せれば安全かつ素早く消火できるんだよ、ということを小学生に教えたかったそうなのですが、勢い余ってしまったのでしょうか・・・。
もちろん現場を見ていないのでいろいろとは言えませんが、「児童を実験机のところまで集めてしまった」ことや「アルコールランプ”ごと”倒してしまった」ことなどが問題だったと言えるでしょう。

確かに、生徒実験中に机の上に燃料をこぼしてしまうことや、それに引火させてしまうことは起こりうることですので、正しい消火方法を見せることはとても大切なことだと思います。
それに、机の上で炎が上がるという光景はかなり派手なので、生徒の食いつきもすこぶる良い、という印象もあります。

私も重要性,簡便さ,食いつきの良さなどから、同様の演示をすることがあります。
たださすがに、火のついたビンをまるごと倒すことはしません。ビンから燃料が常に供給されてしまいますからね! 試験管に燃料を分注し、それをこぼしてから火をつけるという方法でやっています。

これ以上燃焼範囲が広がることはない、という確信が持てるような準備・実験であれば、格段に安全にできるような気がします。
あとは、「更なる派手さを求める生徒たちの要求に屈しないこと」や「調子に乗ってもっとやっちゃいたいという欲求に負けない」ことなどが大事かな、と思います。いや、ホントに。

理科の先生っていうのは、意図せずとも簡単に加害者になることができる職業です。今回の事故をうけて、私も今まで以上に気をつけなければ、と思いました。
[タグ] 化学 実験の掟
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
ちょい派手 化学実験コレクション PART-4を公開しました。



学校でできる、燃焼系・爆発系 化学実験を紹介します。今回は「アセチレン」の実験です。わりと地味です。ただし地味に見えてかなり危険な実験。ヤバイ。アセチレンヤバイ。ハイスピードカメラで撮影した貴重な反応映像や、外国で起こった爆発事故の映像も載せました。

アセチレンについて興味を持たれた方は、ぜひこちらこちらの記事もお読みください。

他の先生が行った、大規模版の動画がありました。こちらも綺麗です。
ただ、完全燃焼しきれていないようにも見えます。
動画は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。