TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「京都伝統技術を科学する 第二回 左官技術の継承」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
かつて左官職人は、家のことならなんでもこなせる「多能工」でした。しかし近年、加速化する仕事の分業化により、その技術は失われつつあります。
江戸時代から続く左官屋の三代目、佐藤ひろゆきさんは、そうした状況を憂い、伝統みらい教育研究センターと協力し、左官という仕事の「見直し」に取り組んでいます。まず行ったのは、左官職人が使う土の分析。何故、藁を混ぜて使うのか。分析の結果、藁が発酵し、土に糊状の成分が溶け出し、作業しやすい土になっていることを発見しました。更に、熟練者と非熟練者の、作業時の姿勢の違いなど、様々な解析を行い、蓄積したデータを元に、若い技術者が使える「左官の教科書」をつくることを目指しています。そこには「薄く頑丈 美しい仕上がり」京壁作りの秘密があります。

たのかがのひとこと解説:
こちらの記事をご覧ください。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「京都伝統技術を科学する 第一回 伝統みらい教育センター」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
京都の伝統技術に科学のスポットを当てるシリーズ第一回は、京都工芸繊維大学 伝統みらい教育研究センターの取り組みを紹介します。
弟子が「お師匠さんの背中を見る」ことで継承されてきた伝統技術。同センターでは、それを計測・解析する試みを行っています。ものを作るときの動き、目線、力の入れ方や、「これで完成」と判断するときの脳波など、様々な科学的分析を行うことで、誰もが理解できる「形式知」としてデータベース化。こうして蓄積されたデータを活用し、伝統技術を活かした、新しい産業技術の開発を行い、「もの作り日本」を活性化させたい、とセンター長の濱田泰似さんは言います。この試みに賛同した多くの職人が協力し、その結果は彼らの持つ技術に、様々な新しい光を当てているのです。
シリーズ第二回、第三回、第四回では、そうした職人達にフォーカスしていきます。

たのかがのひとこと解説:
伝統技術や工芸品を科学的に見る、というと、今までは伝統塗料の成分を分析するだとか、建築物の構造を考える、といったアプローチがほとんどでした。しかしここでは、モノではなく、伝統技術に関わるヒトすなわち職人のカラダやココロにスポット当て、まさに生きた職人の「技術」を科学的研究の対象にするという、なかなかおもしろい試みがなされています。ただ、職人の技術がすべて科学で解析可能になってしまうと、それを反映させた「職人ロボット」なるものも将来作り出されるようになるかもしれませんね。それはちょっと味気ないかも・・・とか思ったり。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「自律移動ロボット 失敗から学ぶ ~つくばチャレンジ報告~」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
『人間に当たり前に出来ることが出来ないとロボット開発企業の面子に関わる』
そんな裏話が聞ける「テクノロジーカフェ」。3月29日、東京の下町にある「芝浦工業大学 佃イノベーションスクエア」で開かれました。
自ら考えて動く「自律移動ロボット」が公道に設けられた1kmのコースを走る公開走行実験「つくばチャレンジ」。毎年多くの大学や研究機関、企業が参加していますが、意外とこのイベントに参加したがらないロボット開発企業もあったと、イベントの実行委員長である、工学博士 油田信一先生は言います。
油田さんは、実験室では出来ることが外ではうまくいかない現実を開発者が体験し、それを一般の方にも知ってもらうことが「つくばチャレンジ」最大の目的であり、それは必ず今後の新たなるロボット技術開発につながるのだと話します。

たのかがのひとこと解説:
人間にとっては簡単なことでも、頭のかたいロボットにとっては難しいことはとても多い。記憶力やパワーはロボットの方が上でも、柔軟性や経験的な直感は人間の方が圧倒的に上なのです。「なんでこんな簡単なことができないんだ!」と、ロボット開発に文句をつけることは簡単ですが、そのあたりの考慮すべき事情を多くの人に知っていていただきたいと思います。”ヒト”が”ヒトに準ずるもの”を作るのは途方も無く大変なことなのです。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地産地消の再生可能エネルギー ~バイオマス~」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
家畜の糞尿や生ゴミ、建築廃材など、生物用来の資源『バイオマス』。これらを燃料とした『バイオマス発電』は、太陽光や風力による発電と比べ、どのような利点があるのでしょうか。国内にふたつのバイオマス発電所を持つ株式会社ファーストバイオスに話を聞きました。
最大の利点は、太陽光や風力と違い、時間帯や天候に左右されず、安定した電力の供給ができるということです。加えて、太陽光のように広い場所を必要とせず、風力のように場所を選ばないため、どこにでも建設できます。また、主に燃料となる資源を発電所のある地域から調達するため、地産地消のエネルギーを生み出す産業として、広がりを見せる可能性を持っています。地域に根ざした国産のエネルギーとして、今後の発展が期待されます。

たのかがのひとこと解説:
バイオマス発電にも方法はいくつかあり、そのまま燃やして火力発電する方法や、バイオマスを発酵させて作り出したメタンで火力発電する方法などです。バイオマスが広がった一つの理由は、「カーボンニュートラル」という考え方が出てきたためです。この考えが正しければ、バイオマス発電は大気中の二酸化炭素を一切増加させない発電といえるのですが、そもそものカーボンニュートラルの考えはとても複雑で、そんなにうまくいくわけないという反対の意見もあります。いろいろな複雑な問題が絡んでくるバイオマス発電、人類がこれを是が非か判断できるのは当分先になることでしょう。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「夢の宇宙寝台車?!」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
鹿児島大学の半田利弘教授は、電波天文学の研究者であると同時に、子供の頃からの大の鉄道ファンでもある。埼玉県の鉄道博物館で行われた「宇宙と鉄道」というイベントで、「宇宙エレベーターは、寝台列車のような形になるはずだ」と、鉄道ファンならではのアイディアを披露した。地上36,000kmに浮かぶ衛星や宇宙ステーションまで、時速300kmと、ほぼ新幹線と同じ速さで昇って行っても5日間かかるため、宿泊施設が必要。また、細いロープに沿って昇っていくため、列車のような縦に長い構造になるはずだというのだ。『宇宙の寝台列車』という夢のあるアイディアに、会場の子供たちの目はキラキラ!!

たのかがのひとこと解説:
静止衛星軌道上に巨大な宇宙ステーションを設け、そこから地上まで細いロープを垂らし、そのロープを上ることで宇宙まで行けるようになる設備、それが宇宙エレベーターです。建設のポイントとなるのは、細くて頑丈なロープをどう作るか、ということ。注目されているのが炭素でできた「カーボンナノチューブ」。じつは宇宙エレベーターの研究で世界をリードしているのは日本だったりします。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
sciencechannel.jpg

文部科学省直轄のJST科学技術振興機構が運営する放送局「サイエンスチャンネル」で、この4月から放送が始まった新番組「ニュースミニ」に、私が監修として制作に参加しています

本番組は、科学にまつわるさまざまなホット・トピックを、約2分という短時間にギュッと詰め込んだ、まさにミニなニュース番組です。メジャーなネタからマイナーなネタまで、ありとあらゆる事柄を題材にします。
なにせ2分という短時間番組なので、専門的なことをダラダラ流される従来の科学番組よりは、気軽に見られるのではないかな、と思っています。数ヶ月かけて、全数十回の放送を予定しています。

メインターゲットはずばり中学生や高校生! たくさんの若者に見てもらいたいです。
興味がわいたネタについて調べたり勉強してみるきっかけになってくれれば、とっても嬉しいですね。

なお本番組はサイエンスチャンネル公式サイトだけでなく、Facebook,YouTube,ニコニコ動画の各公式チャンネルでも同時放送されます。お好きなチャンネルからご覧になることができます。
とくにソーシャル系チャンネルですと、動画へのコメントもできますので、どんどんコメントいただければ嬉しいです。

当ブログでは、ニュースミニ全話を取り上げ、簡単な解説をつけて紹介していくことを目指します!
(本業が忙しいためどこまで続くかわかりませんが・・・。)
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
昨年ちょっと話題になったこちらのマシン、ご存じですか?



これは、防衛省技術研究本部(通称:TRDI,技本)が開発した球体偵察機です。遠隔操作によって動作し、ホバリングおよび高速での飛行が可能、さらに、陸上を転がって移動することも可能な、なかなかアイデアに満ちた偵察機です。
有事(戦争)の際、偵察機として役立つだけでなく、災害発生時にも役に立つのではないかと期待されています。

さて、このような軍事技術・兵器を研究開発するために、先進国は国立の研究機関を設けているのが通例です。国防や外交は国家の仕事であるので、それに関することは国が主導して行うのは当然の流れでありましょう。
例えば、世界最強の軍事力を誇るアメリカには、国防総省直属の国防高等研究計画局(通称:DARPA)なんて機関が存在し、べらぼうな予算を投入して様々な技術を研究・開発しています。(実際は予算を民間研究者にばらまいて研究を支援するという形。)
私たちが日頃お世話になっているインターネットやGPSは、DARPAが支援した研究から生まれたものです。多くの民生技術は軍事技術が元になって成り立っているわけですね。

それで、日本はどうなのかってことですが・・・続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。