TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地産地消の再生可能エネルギー ~バイオマス~」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
家畜の糞尿や生ゴミ、建築廃材など、生物用来の資源『バイオマス』。これらを燃料とした『バイオマス発電』は、太陽光や風力による発電と比べ、どのような利点があるのでしょうか。国内にふたつのバイオマス発電所を持つ株式会社ファーストバイオスに話を聞きました。
最大の利点は、太陽光や風力と違い、時間帯や天候に左右されず、安定した電力の供給ができるということです。加えて、太陽光のように広い場所を必要とせず、風力のように場所を選ばないため、どこにでも建設できます。また、主に燃料となる資源を発電所のある地域から調達するため、地産地消のエネルギーを生み出す産業として、広がりを見せる可能性を持っています。地域に根ざした国産のエネルギーとして、今後の発展が期待されます。

たのかがのひとこと解説:
バイオマス発電にも方法はいくつかあり、そのまま燃やして火力発電する方法や、バイオマスを発酵させて作り出したメタンで火力発電する方法などです。バイオマスが広がった一つの理由は、「カーボンニュートラル」という考え方が出てきたためです。この考えが正しければ、バイオマス発電は大気中の二酸化炭素を一切増加させない発電といえるのですが、そもそものカーボンニュートラルの考えはとても複雑で、そんなにうまくいくわけないという反対の意見もあります。いろいろな複雑な問題が絡んでくるバイオマス発電、人類がこれを是が非か判断できるのは当分先になることでしょう。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、国立大学の太っ腹ぷりに感謝せざるを得ない電子教科書、
「LIFE SCIENCE」です。

表紙からお分かりかも知れませんが、これはライフサイエンス、すなわち生命科学についての電子教科書です。
まぁ、このような教科書アプリは、特に有名でもない個人が趣味で作っていて信頼性に乏しかったり、ちゃんとした会社が作っていたとしても有料だったりすることがほとんどなのですが・・・
なんとこのアプリ、東京大学謹製なのです! しかも無料! 俺たちの東大がやってくれたぜっ! (あ、私は東大卒ではありませんが。)

実はこの教科書、東京大学の生命科学の講義で使用されているものと同一の教科書なのです! 東大生はこれで生命科学の初歩を学ぶのですね。
東大で使用されている教科書まるごと一冊がタダで読めるとは・・・太っ腹ですねぇ。

では、さっそく中身を見ていきましょう。
詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
humanbody.jpg

細菌に関するトリビアをひとつご紹介しましょう。

私たちの体内には様々な細菌が暮らしていることは、皆さんご存じでしょうか。
代表的な細菌は、大腸菌で、これは名前の通り生物の大腸に主に生息しています。
他の細菌、例えば乳酸菌なども腸に生息しています。体内にいる細菌の多くは腸に住んでいるのです。

というわけで、我々ヒトの体内にはたくさんの種類の細菌がたくさん暮らしているわけですが・・・
一体どれだけの細菌が住んでいるのか、そしてそれらをひとまとめにしたらどれくらいの質量になるのか、想像したことはありますか?

ちょっと驚く?答えは以下から。
[タグ] 生物学 動物 微生物
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
生の牛肉が原因となった集団食中毒は、生肉が人気商品となる現在の食文化に一石を投じる事件になりそうです。
そもそも、日本国内には「生食用牛肉」と認められたものは存在していないという事実には驚きました。すべて業者の自己判断でやっていたなんて・・・。(まぁ私は生肉は食べたことないんですけどね。)

生食用牛肉出荷ゼロ「加熱用、生で提供」常態化|読売新聞

今回原因となった大腸菌はO-111ですが、食中毒の原因となる大腸菌で最も有名なのは、O-157ではないでしょうか。
では、これら大腸菌の名前にある、"O"とは何なのでしょうか。そもそも大腸菌って生き物は、1種類ではないのでしょうか。複数種類いるなら、どのように分類しているのでしょうか。
今回はこのあたりを解説していきます。大学時代はずっと大腸菌の研究をしてきた私ですが、実はこのブログで大腸菌をネタにするのは初めてなのです。

はりきって書いた解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
茨城の親戚から、稲わら納豆を頂きました。茨城県は納豆が特産品ですね。

納豆と言われると、都会に住んでいる人は、スーパーマーケットで売っているパック詰めの納豆を思い浮かべますよね?
しかし、納豆は本来、稲わらに包まれているものなのです。

2010-12-30_175126.jpg
こんなふうに、稲わらにくるまれているのが、昔からの納豆の姿。見たことありますか?

今回は、何で納豆は稲わらにくるまれているの? というお話。
解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
2008年11月、国立科学博物館にて、「菌類のふしぎ」という特別展が開催されました。
菌漫画というジャンル?を打ち立てた「もやしもん」とのタイアップ企画という、たいへんおもしろい試みの展示会でした。
もう終わってしまっていますが、せっかくなので見学レポートを記事にしました。

2008-11-15_122806.jpg
もやしもんを代表する菌キャラ、オリゼーです。
白い部分は菌が繁殖しているところで、黒い部分は薬剤によって菌が死滅している部分・・・だと思いました。

詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
山梨県の石和温泉(いさわおんせん)に行ってきました。新宿から1時間ほどで行ける、近場の温泉です。

山梨県は、ぶどう・ワイン作りが有名で、ここ石和温泉にも酒造(お酒を造る工場)があります。
その中でも有名なのがモンデ酒造です。石和温泉駅から歩いて行ける距離にあります。
今回は、モンデ酒造の工場見学レポートをお届けしたいと思います。(2008年11月の記事ですが今もあまり変わっていないと思います。)

2008-11-03_160043.jpg

レポートは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。