TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「地震予知の科学」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
東日本大震災以降、あらためて地震予知の精度が問われています。
このテーマのサイエンス・カフェは満席の賑わいを見せました。スピーカーは京都大学大学院工学研究科の後藤忠徳(ごとうただのり)准教授。藤准教授は言います。95年の兵庫県南部地震をきっかけに、もっと観測技術を高めるべきだという流れが生まれ、以来10年以上観測技術を積んできたが、東日本大震災で、全く力が足りなかった事を思い知らされたと。日本列島をとりまく4枚のプレート構造は複雑で、我々の想像以上に断層や地震は複雑な挙動をする。これを理解する手だてとしては地面の下を正確に計り立体的に可視化する透視力を高めることが重要で、それが地震の予知・予測に役に立つと信じていると語ってくれました。

たのかがのひとこと解説:
東日本大震災の前後で、日本国民の科学や科学者に対しての信頼は少々失われてしまった、なんて統計結果が出たことがあります。これは仕方の無いことなのかもしれませんが、地震のようにとくに地球規模の現象について科学がすべてを解き明かす(しかも確実な予知技術を確立する)のは、数年や数十年では不可能です。それでもなんとかして、少しずつでも脅威に立ち向かっていく・・・そんな科学者の姿勢も多くの人に見てもらいたいなと思います。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
yakkaihousha.jpg

今日のTwitterの注目ワードに「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」なんて単語があったので、気になって調べてみると、とても良さげな書籍にたどり着きました。売れ筋みたいです。

学習院大学の田崎晴明先生が書かれた「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」というもので、タイトルの通り、原発事故に関連して多くの人に放射線についての正しい基礎知識を持ってほしいということで書かれたもののようです。

書籍版は1050円で販売されているのですが、驚いたのは内容がほぼ同一のものをPDFファイルとして無料配布されているということ! 少し内容が削減されてはいるようですが、それでも圧巻の180ページ! 氏のサイトからダウンロードできました。

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識

PDFファイル形式なので、iPadなどに入れて電子書籍として読むことが可能です。紙媒体が良いという方や、先生を応援したいという方は書籍版を購入されると良いでしょう。
Amazonへのリンクはこちら
やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 [単行本(ソフトカバー)]

私はまだ序盤しか目を通していないのですが、とてもわかりやすく、基礎の基礎からまとまっている感じです。
対象年齢が中学生以上とのことなので、中学生でもじゅうぶん理解できると思います。

内容だけでなく、他にも私がそそられたところがありました。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
東日本大震災での津波によって多くの家屋が破壊され、そのがれきの処理が問題となっています。
発生したがれきの量もさることながら、福島県に近い地点のがれきについては放射性物質についての不安もあるでしょう。
被災地のがれきを受け入れて処理をする自治体の多くは、持ち込まれるがれきの放射線量を測定するなどして近隣住民の不安を解消しようとしています。

最近は落ち着いてきましたが、被災地の”あらゆるもの”に過激なまでの拒否反応を示す人も少なからずいました。放射性物質は人間に害をなすものですから、恐れて、それを拒否する姿勢はもっともではあるのですが、行きすぎた拒否反応は「差別」を生み出します。
正しい科学的知識をもって、どこまでが危険か、どこまでが安全かを判断していくべきでしょう。

まれに、公的機関等が住民への不安解消のため「放射性物質は含まれていません」という表現を使うことがあります。この記事では、このフレーズは正確には間違いであるということを解説していきます。
しかし、公的機関がこのような不正確な表現をしなければいけないということは、放射線についての正しい知識がいまだ国民全体に広まっていないことの証明でもあるように感じます。

誰が悪いのか、誰に責任があるのか、という話ではなく、淡々と解説していきます。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
electriclight.jpg

昨年ほどの注目はありませんが、原発事故や節電等の影響で、電力やエネルギーについての国民の興味関心はいまだに高いままのように感じます。原発反対デモなんてのもありましたしね。

それを反映してか、いろいろな組織・会社がエネルギーについてのまとめサイトを作るようになりました。
今回紹介するのもそんなまとめサイトのひとつ。

日本の電力地図|株式会社スプール

日本全国にある発電所の「種類」「場所」「発電量」がひと目でわかる、大変シンプルでわかりやすいサイトです。
(開設当初は一部間違った記載もあったのですが、今は直っている様子。でも保証はできません。)

地域をクリックするとそこが拡大表示され、火力発電所は赤色、原子力発電所は黒色、水力発電所は青色・・・というように、発電所の場所が地図上に表示されます。
また発電所の円の大きさはその発電所の最大発電量を表しています。
ページの下部にはその発電所の詳細がリスト表示されています。

眺めているだけでもそれなりに楽しいのですが、このページをエネルギー学習に使うためのポイントを考えてみました。興味がありましたらぜひ読んでください。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
関東・東北地方を中心に、食品の放射能汚染が広がりを見せ、新たな報道があるたびに「またか」「これもか」と、不安が増すばかりの方も多いはず。(私もですが。)

そんな中で、空間放射線も含め、食品に含まれる放射性物質の量を、自分自身で測定したいと思っている人が多くいるのは理解できます。
しかも、今はオンラインショップで放射線測定器が簡単に入手できるようになりました。

しかし、一般的に流通している放射線測定器では、空間放射線は測れても、食品中の放射能を量ることは不可能なのだという事実は、あまり知られていません。
さらに、安価な外国製製品にいたっては、空間放射線すらまともに測ることができない、言ってしまうと「インチキ放射線測定器」も出回っているとのこと。

このような安価な放射線測定器について、国民生活センターが調査および公表を行いました。

以下が概要です。
比較的安価な放射線測定器の性能|国民生活センター
以下が詳細です。
比較的安価な放射線測定器の性能|国民生活センター

今回はこの報告をふまえて、インチキ放射線測定器および食品中の放射能測定の限界について解説します。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
先日、職場の学校の放射線量測定結果を掲載しました。(まずそちらの記事をお読みになってから、こちらの記事をご覧ください。)
後日、精度を高めるため、生徒たちの力を借りて校内一斉測定を行いました。これによって、測定器の個体差や、気象条件などの誤差を考慮したデータが集まると考えました。(統計的に正しいかどうかは分かりません。)

結果と考察は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
原発の停止などによって、夏場の電力供給が不足し、暑い中での停電などの不自由な生活を強いられる可能性が出ています。
停電を回避するには、電力消費を抑えるか、電力供給を増やすかしかありませんが、供給を増やす方法として現在検討されている案のひとつが、「揚水発電所の稼働を増やす」ことだそうです。

発電所を新規に建造するには年単位の期間が必要ですので、この夏までには間に合いません。すると最も手っ取り早いのは、既にある発電所の稼働率を上げることです。

では、稼働率を増やすことが計画されている揚水発電とは、一体どのような発電方法なのでしょうか。

解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。