TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「ヒッグスはひとつじゃない」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
素粒子物理やSFをネタに、初心者からちょっと詳しいし人まで、それぞれコースを選んで参加出来る「素粒子カフェ」。月1開催で、科学技術館に所属している泉田賢一さんが自ら運営しスピーカーも務めています。「暗黒物質」「ニュートリノ」「超対称性理論」そして「ヒッグス粒子」と素粒子カフェに相応しい単語が次々に飛び出してきます。参加者も積極的で時には質問攻めにあうことも。
今回のテーマは「ヒッグスは本当に1種類なのか?」。ヒッグス粒子が複数種類ありうるなんてお話は報道ではあまり聞いた記憶がありませんでしたから、ここでは大盛り上がり。
泉田さんは、素粒子の分野はまだまだ未解決の問題が沢山ありヒッグス粒子はまだ見つかったばかりですが、もしかしたら超対称性理論・暗黒物質などを解くヒントがあるかもしれないのでその可能性にドキドキしている最中、と語ってくれました。

たのかがのひとこと解説:
現代物理学の中でもホットな分野と言ったらやはり量子学。日本の高校においては物理と言ったら古典的な「力学」と「電磁気学」が中心で、量子学のウエイトはあまり大きくありませんが、これも少しずつ変わっていくのでしょうか。それにしても、「素粒子カフェ」ってものがあったんですね・・・なんか・・・すごい。
スポンサーサイト
[タグ] 物理学
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
sciencechannel.jpg

文部科学省直轄のJST科学技術振興機構が運営する放送局「サイエンスチャンネル」で、この4月から放送が始まった新番組「ニュースミニ」に、私が監修として制作に参加しています

本番組は、科学にまつわるさまざまなホット・トピックを、約2分という短時間にギュッと詰め込んだ、まさにミニなニュース番組です。メジャーなネタからマイナーなネタまで、ありとあらゆる事柄を題材にします。
なにせ2分という短時間番組なので、専門的なことをダラダラ流される従来の科学番組よりは、気軽に見られるのではないかな、と思っています。数ヶ月かけて、全数十回の放送を予定しています。

メインターゲットはずばり中学生や高校生! たくさんの若者に見てもらいたいです。
興味がわいたネタについて調べたり勉強してみるきっかけになってくれれば、とっても嬉しいですね。

なお本番組はサイエンスチャンネル公式サイトだけでなく、Facebook,YouTube,ニコニコ動画の各公式チャンネルでも同時放送されます。お好きなチャンネルからご覧になることができます。
とくにソーシャル系チャンネルですと、動画へのコメントもできますので、どんどんコメントいただければ嬉しいです。

当ブログでは、ニュースミニ全話を取り上げ、簡単な解説をつけて紹介していくことを目指します!
(本業が忙しいためどこまで続くかわかりませんが・・・。)
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
昨年ちょっと話題になったこちらのマシン、ご存じですか?



これは、防衛省技術研究本部(通称:TRDI,技本)が開発した球体偵察機です。遠隔操作によって動作し、ホバリングおよび高速での飛行が可能、さらに、陸上を転がって移動することも可能な、なかなかアイデアに満ちた偵察機です。
有事(戦争)の際、偵察機として役立つだけでなく、災害発生時にも役に立つのではないかと期待されています。

さて、このような軍事技術・兵器を研究開発するために、先進国は国立の研究機関を設けているのが通例です。国防や外交は国家の仕事であるので、それに関することは国が主導して行うのは当然の流れでありましょう。
例えば、世界最強の軍事力を誇るアメリカには、国防総省直属の国防高等研究計画局(通称:DARPA)なんて機関が存在し、べらぼうな予算を投入して様々な技術を研究・開発しています。(実際は予算を民間研究者にばらまいて研究を支援するという形。)
私たちが日頃お世話になっているインターネットやGPSは、DARPAが支援した研究から生まれたものです。多くの民生技術は軍事技術が元になって成り立っているわけですね。

それで、日本はどうなのかってことですが・・・続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
yakkaihousha.jpg

今日のTwitterの注目ワードに「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」なんて単語があったので、気になって調べてみると、とても良さげな書籍にたどり着きました。売れ筋みたいです。

学習院大学の田崎晴明先生が書かれた「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」というもので、タイトルの通り、原発事故に関連して多くの人に放射線についての正しい基礎知識を持ってほしいということで書かれたもののようです。

書籍版は1050円で販売されているのですが、驚いたのは内容がほぼ同一のものをPDFファイルとして無料配布されているということ! 少し内容が削減されてはいるようですが、それでも圧巻の180ページ! 氏のサイトからダウンロードできました。

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識

PDFファイル形式なので、iPadなどに入れて電子書籍として読むことが可能です。紙媒体が良いという方や、先生を応援したいという方は書籍版を購入されると良いでしょう。
Amazonへのリンクはこちら
やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 [単行本(ソフトカバー)]

私はまだ序盤しか目を通していないのですが、とてもわかりやすく、基礎の基礎からまとまっている感じです。
対象年齢が中学生以上とのことなので、中学生でもじゅうぶん理解できると思います。

内容だけでなく、他にも私がそそられたところがありました。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


国立科学博物館にて、「元素のふしぎ」という特別展が開催されています。
今回はこの元素のふしぎ展に行ってきましたので、展示の概要紹介と、一人の理科教師としての感想を書いていきたいと思います。ちょっと厳しめのツッコミもしてみようかと・・・。

あと、はじめに言っておきますが、基本的に国立科学博物館で開催される特別展は1フロアしか使用しないため、規模としては小さいです。今回のこれも、過去の特別展と同様にボリュームは少なめです。しかしこの狭い空間でいかに多くのことを伝えるかということで、企画者の腕が試されているような、そんな気がいつもしています。

さて、科学(化学)を語る上で元素は切っても切れない関係です。この宇宙は全て元素でできている、と言うと言葉の意味としては不正確ですが、まあそれくらい元素は全ての源であるわけです。
そういうこともあり、元素に関連した展示会や学習教材は数え切れないほどあります。この夏は科博以外でも元素に関する展示会が開催されているはずですし、書店に行けば元素や周期表についてのたくさんの書籍を目にすることができます。
そしてその多くは、全ての元素の説明と、その元素の用途について例を挙げて紹介しているものがほとんどのように感じます。つまり、元素を身近に感じて興味を持ってもらうための手法としては、それが古くから確立された最適解である、と私には思えてくるのです。(否定しているわけではありません。)

今回の「元素のふしぎ」も、それらと同じように、全元素の説明とその用途に注目した展示会と言えました。

展示概要と感想は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
atom.png

宇宙のすべての物質は原子から作られており、その原子にはたくさんの種類があります。原子の種類のことを「元素」と言います。

元素は、自然界に存在するもので90種類ほど、我々人類が人工的に作り出した物も含めると112種類が確認されており、それらはとあるルールに従って分類されています。
元素を規則正しく並べた表を「周期表」と言います。誰しも学校で必ず勉強しているでしょう。水素は原子番号1番、炭素は6番・・・といった具合で、112番がコペルニシウムという元素です。
元素は、英語で言うところのアルファベットのようなもの! 元素を分からずして科学を理解することは不可能なのです!

さて、元素は超巨大な装置「加速器」を用いることで人工的に作り出すことが可能です。
新しく生み出された新元素は、名前を与えられ、周期表に組み入れられます。

そして今年、10年ほど前にはじめて生み出された114番元素と116番元素の名称が決まりました。
10年も前に作られた元素の名称が、何で今更決まるの? と疑問に思う方、ぜひ続きを読んでください。
解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
atom.png

昨年、物理学会だけでなく世界中の人々の話題となった「ニュートリノは光速を超える!?」という実験結果。当ブログでも取り上げました

しかしこの発表を行った研究グループは、「まだ真実かどうか分からない。これから多くの人の意見を聞いてさらに検証を進める。」との声明を発表。私は、これこそが科学者としての正しい行動である、と評価しました。

一つの科学的事実を世界が認めるためには、「追試」して「再現性がある」ことを確かめなければならない。
というわけです。

そしてこの度、多くの人々の意見をふまえた、追試の結果が発表されました。
当初の結果通り、ニュートリノは光速を超えるという現代物理学の常識を覆す結果となったのか!? はたまた・・・!?
続きは以下から。(タイトルでネタバレになってるなんて気にしない!)
[タグ] 物理学 電磁気学
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。