TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ヒトiPS細胞  (C) 京都大学

自称・ハーバード大学客員講師 森口尚史氏が、iPS細胞を用いた臨床応用手術を世界で初めて実施・成功したと発表し、それを読売新聞が一面で報道したことに端を発した問題・・・事態は短期間のうちに急展開を見せ、森口氏の発表は虚偽&読売新聞は大誤報という、大問題に発展しました。

この問題については、当事者である読売新聞をはじめ、他社マスコミやインターネットのまとめサイト等を見れば、事態の推移やそれぞれの主張の違いについて知ることができるので、興味がある人は調べてみると良いでしょう。
その際は、必ず複数の情報源をあさることを心がけましょう。誤報という大失態をしてしまった読売新聞は苦し紛れな記事になっていますし、他社マスコミは鬼の首を取ったかのような調子の良い記事になっていたりします。見ていてとても楽しいですし、それ以前に、物事を多角的に捉えることは真実の追究のためにとても大切なことです。

森口氏の発表内容はツッコミどころが満載なので、ここで私が科学的な解説をいろいろするよりも、上記の情報源を見た方が手っ取り早いでしょう。私はiPS細胞の専門家ではありませんしね。
ただ、ノーベル賞受賞者の山中教授もおっしゃっていたことですが、「iPS細胞の臨床応用は時期尚早だ」と、これだけは言えるでしょう。

iPS細胞は、特定の遺伝子を皮膚細胞などに導入することによって作られます。体の細胞が過ごしてきた時間をリセットし、発生初期までそれを巻き戻すことで、体のどんな組織にでもなれる状態を作り出すものです。
しかしiPS細胞はその製造過程が原因で、通常の細胞よりもガン化しやすいという欠点があります。本来存在しない遺伝子を導入するわけですし、それに発生初期段階の細胞は爆発的に増殖することが仕事なわけですから、こういった副作用が出てしまうことにも納得がいきます。
この”ガン化しやすい”という欠点が克服できなければ、臨床応用には踏み出しにくい、というわけです。せっかく移植手術しても、そこからガンになってしまっては元も子もないですからね。

とまあ、iPS細胞についての科学的なお話はこのくらいにして、今回はこの一件が私たちに与えた教訓とは何なのか、考えてみました。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


珍しいナスを二種類いただいたので紹介します。

まずは、台湾のナス。左端に写っているのがそうです。
長細いですね! 最初見たときびっくりしました。
どれくらい長細いのか、一般的なナスと比較してみましょう。

続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


ふしぎな果実をいただきました。これは何でしょう?

一見すると柿ですね。でもこんな時期に柿というのも変ですね。

世にも珍しいこいつの正体は以下から。(そこ、タイトルでネタバレしてるとか言わない!)
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
dna.jpg

セントラルドグマという概念があります。生物を勉強している人は必ず聞いたことがあるでしょう。それくらい重要な原理です。

セントラルドグマとは、簡単に言ってしまうと、DNAからタンパク質に至るまでの情報の流れのことです。
生物を構成している細胞中には必ずDNAが存在しています。DNAは生命活動の司令塔と例えられており、細胞の働きはすべてDNAに書き込まれた遺伝情報をもとに決められています。
一方で生物の体はタンパク質で作られています。ヒトであればタンパク質の種類は約10万あると言われ、それらのタンパク質が必要な場所,時間,条件によって作り分けられていることで、ひとつの「生命」が滞りなく生きていくことができるわけです。
というわけで、司令塔であるDNAを開始点とし、必要となるタンパク質が作られるまでは、DNAからの”情報の伝達”が必要になることはわかるでしょうか。
それがセントラルドグマの概念です。

先にも書いたようにこの概念は生命における基礎的・原理的なことなので、必ず理解しなければいけないのですが、あまりにミクロな世界のことなので、わかりやすくて実感できる学習というものが難しいのも現状。
そして一般的には、わかりやすく理解するための教材として、アニメーションが多用されています。

今回紹介するものは、無く子も黙る日本トップクラスの研究機関・理化学研究所が製作したセントラルドグマのCGアニメーションです。
これが実にカッコイイ! 特に男心が惹かれるようなムービーです。

ムービー本編と、ちょっとした解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
以前、当ブログのiPadアプリレビューにて、ライフテクノロジーズ社(Invitrogen)製教育アプリ「3D Cell Simulation and Stain Tool」の紹介をしました。

そして先日、製作・配布元のライフテクノロジーズジャパン株式会社様のFacebookページにて、当ブログ記事が紹介されました! ありがとうございます!

lifetech_tanokaga.png

ライフテクノロジーズジャパン株式会社 | Facebook

ライフテクノロジーズ社(Invitrogen)といえば、生命科学研究をしている人に知らぬ者はいないというほど、世界的に有名な会社です。主に研究用試薬や機器を開発・販売しています。

それにしても私は初めて上記Facebookページを拝見しましたが・・・とても良いですね!
会社のプロモーションだけでなく、生命科学に関するニュースや素材も取り上げてらっしゃるようで、最先端技術や動向の情報収集にも使えそうな気がしますよ。
というわけで私からもリンクを張らせていただきました。

同社は「3D Cell Simulation and Stain Tool」以外にもiOSアプリを開発されています。私も既にいくつかのアプリを使用しています。
研究者だけでなく、高校生にも使える便利なアプリもありますし・・・これら他のアプリについても後日レビューしていきたいと思います。お楽しみに!
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
群馬県(他県にもまたがりますが)にある尾瀬国立公園に、同僚の先生とともに行ってきました。ただ一番有名な尾瀬ヶ原ではなく、同じ国立公園内にある日本百名山のひとつ、至仏山(しぶつさん)の登頂が目的です。

至仏山は、その地質,植生,地理など、様々な点で特徴的な山なのです。今回は、その尾瀬・至仏山についていろいろ学んできましたよ。

2012-07-15_051040.jpg
早朝5時、スタート地点の鳩待峠(はとまちとうげ)に着きました。鳩待峠は尾瀬観光の拠点。尾瀬ヶ原へ向かう道もここから出ています。観光客の多くはもちろん尾瀬ヶ原の方へ・・・。

至仏山登山のセオリーコースは、この鳩待峠から西に向かい、小至仏山(こしぶつさん)山頂を経由、そこから尾根づたいに至仏山山頂まで行くルート。一般的な片道タイムは3時間ほど、往復では5時間強らしい。(ちなみに私は3時間も山登りをした経験がありませんでした! 不安!)
それでは、いざ出発!

しかし不運にも、”雨”という最大の敵が待ち構えていたのです・・・!
旅の続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


新しいiPad(第三世代iPad)が発売されましたね。やはりポイントは超高解像度のディスプレイ! 電子書籍端末として1台欲しいですね~。

そんな中での久しぶりのこのコーナー。iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、細胞内小器官を触って楽しく学べる、
「3D Cell Simulation and Stain Tool」です。

Invitrogen(インビトロジェン)という会社が配布しているこのアプリ。一般の人は聞いたことのない会社でしょう。
しかしこの会社は、生命科学系の研究をしている人にとっては超重要な会社。数々の実験器具や薬品を製造している、一流企業なのですよ。
そんな立派な企業が”教育向け”と銘打って配布しているこのアプリ。実に良くできています。細胞について楽しく学ぶことができます。授業でも使えますよ!

詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。