TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ipad_nasaviz_1.jpg

iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、以前紹介した「NASA App HD」よりは知名度は低いもののこちらもNASAの公式アプリ、
「NASA Visualization Explorer」です。

NASAの行っている、宇宙・地球に関する詳細かつ難しめの研究を、動画やテキストで見ることができるアプリです。もちろん無料。
詳細は以下から。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


iPadを購入してから1ヶ月半・・・無料の教育アプリをいろいろと試用してきました。
そろそろ教育アプリのレビューを始めてみようと思います。
iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていきます。

記念すべきレビュー第一弾は・・・これが無ければ始まらない! 定番の教育ソフト!
「NASA App HD」です。

名前の通り、NASAの公式アプリです。アプリランキングでも常に上位にいる定番ソフト。
NASAの様々な活動について、文章だけでなく、写真やビデオも交えて知ることができるアプリですが、主に、宇宙開発(太陽系の天体や人工衛星)についての情報が充実しているような気がします。

詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
先日、NHKで「宇宙の渚」という番組がやっていました。
国際宇宙ステーションISSに滞在している古川聡さんと中継を結び、宇宙からの生放送で、高感度カメラで撮影した地球のようすを放送していました。
無重力空間での撮影で、大変困難だったということもあり、放送時間の割にはあまり宇宙からの映像が多くなかったのが残念でしたが、高感度性能を生かした夜の地球のハイビジョン映像はとてもキレイでした。
(ちなみに「宇宙の渚」とは学術用語ではなく、NHKによる造語です。でもうまい表現だと思います。)

さて、それとは別に、YouTubeでは今こんな動画が再生数を伸ばしています。



こちらも、ISSから地球を撮影したものです。
動画と言うよりは、タイムラプス(一定間隔をおいて連続撮影した写真をパラパラ漫画のように再生すること)だそうです。そのため、スピード感あふれる映像が楽しめます。

いやぁ、実に美しいですねぇ・・・。大気の層,夜景,雷など・・・ISSから見られる地上の風景を短時間でギュッと楽しめます。
ぜひ、全画面&ハイビジョン画質で再生してほしいですね。

この元動画はNASAが公開しているもののようで、NASAは映像の二次利用に寛容なんですよね。
今、TANOKAGA!教材の新バージョンを作っているのですが、この動画もどこかに利用したいなー、なんて考えてます。

YouTubeには他にも、NASAやESA(欧州宇宙機関)が公開したハイビジョン動画を、転載したものが多く公開されています。どれも美しいものばかり。
NASAなどのサイト上では分散して公開されている動画が、YouTubeではまとめて見られるので、検索も容易ですし、続けて見ているとあっという間に一日が終わってしまうことでしょう。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    

冥王星(左)と、その衛星カロン(右)  (C) ヨーロッパ南天天文台

私が子どもの頃は、太陽系の惑星と言ったら「すいきんちかもくどてんかいめい」の9個と習ったものですが、ご存じの方も多いでしょうが2006年に、冥王星が惑星のグループから外されてしまいました。今では、太陽系の惑星は「すいきんちかもくどてんかい」の8個であると子どもたちに教えています。
もちろん、冥王星が何かしらの変化を起こして惑星でなくなってしまったわけではなく、あくまで、「惑星」の定義が変わり、その条件にあてはまらなくなったからという、人間の勝手な都合によるものです。
冥王星は、新たに作られた「準惑星」というグループに分類されることになったわけです。

ところがなにやら最近になって、再び「惑星」の定義が見直されるのではないか、なんていう話も聞こえてきました。

準惑星から惑星への格上げも? 冥王星の議論が再燃中!|ギズモード・ジャパン

冥王星はやはり惑星? 議論が再燃|ナショナルジオグラフィック

この件についての解説は以下から。
[タグ] 地学・天文学 NASA
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
1日前のニュースですが・・・
地球の上空、高度400kmを飛行している国際宇宙ステーション(ISS)に、アメリカのスペースシャトル「ディスカバリー号」がドッキングしました。
スペースシャトルが、物資や人員を届けるためにISSとドッキングすることは別に普通のことなのですが、今回は特別なシチュエーション。
なんと、共同で宇宙開発をしている国々の宇宙船5機種が、同じISSにくっついているのです。今、この瞬間。

世界の宇宙機、勢ぞろい シャトルがドッキング|47NEWS

解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
「熱電発電」という発電方法を知っていますか?
熱電変換素子という半導体に、外部から熱(正確には温度差)を与えると、電圧が生じる現象を利用した発電方法のことです。

今回は、あまり耳にする機会のない熱電発電について、解説していきます。
熱電発電は未来の発電システムとして注目されているのですが、実は、数十年前にすでに実用化されているのです。その利用場所はなんと宇宙! 太陽系外の探査に、大活躍しているのです。

voyager.jpg
熱電発電のしくみを利用した原子力電池を搭載した宇宙探査機ボイジャー1号

熱電発電のしくみや、利用用途など、詳しくは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
お台場にある日本科学未来館は、上野の国立科学博物館に比べて歴史の浅い博物館です。ですが、どちらも国立の科学博物館の中心的存在です。

2010-05-03_141532.jpg

今回は、未来館と科博(国立科学博物館)ってどこが違うの? をテーマに、未来館見学レポートを交えて私の感想を述べたいと思います。

見学レポートは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。