TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
地下鉄車内で缶破裂:洗剤散り乗客14人けが…丸ノ内線|毎日新聞

10月20日に発生した地下鉄車内でのアルミ缶破裂事故。
原因について正式な発表はまだですが、アルミニウムと強アルカリの化学反応によるものである可能性が強まっています。

事故を起こした女性の証言によると、「コーヒーの空き缶(アルミ製)の中に業務用洗剤を入れて、フタで密閉していた」とのこと。

アルミニウムは両性元素で、簡単に言うと酸にもアルカリにも溶ける性質があります。普通、「金属は酸に溶ける」と言いますが、一部の金属はアルカリにも溶けるわけです。
一方で、業務用洗剤の主成分は強アルカリ性の溶液です。水酸化ナトリウムとか水酸化カリウムとか。強アルカリ性の溶液はタンパク質を溶かすので、配水管の汚れ等に効き目があるわけです。

つまり、アルミ缶の中に強アルカリ性溶液を入れると、化学反応を起こしてアルミ缶が溶けていくわけですね。
アルミニウムと水酸化ナトリウムを反応させたときの化学反応式を見てみましょう。

2 Al + 2 NaOH + 6 H2O → 2 Na[Al(OH)4] + 3 H2

Na[Al(OH)4]はテトラヒドロキソアルミン酸ナトリウムという物質です。それと同時に水素が発生することが分かります。
洗剤が入れられたアルミ缶は密閉されていたわけですから、発生した水素は缶の中に充満して内圧を高めます。そして缶の強度がそれに耐えきれなくなった瞬間に破裂した、と考えるのが可能性としては最も高いでしょう。

実際に、アルミニウムと水酸化ナトリウムが反応する様子の動画がありました。



では、強アルカリ性の溶液はどのような容器に保存すればいいのか?
など、続きは以下から。
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
dna.jpg

セントラルドグマという概念があります。生物を勉強している人は必ず聞いたことがあるでしょう。それくらい重要な原理です。

セントラルドグマとは、簡単に言ってしまうと、DNAからタンパク質に至るまでの情報の流れのことです。
生物を構成している細胞中には必ずDNAが存在しています。DNAは生命活動の司令塔と例えられており、細胞の働きはすべてDNAに書き込まれた遺伝情報をもとに決められています。
一方で生物の体はタンパク質で作られています。ヒトであればタンパク質の種類は約10万あると言われ、それらのタンパク質が必要な場所,時間,条件によって作り分けられていることで、ひとつの「生命」が滞りなく生きていくことができるわけです。
というわけで、司令塔であるDNAを開始点とし、必要となるタンパク質が作られるまでは、DNAからの”情報の伝達”が必要になることはわかるでしょうか。
それがセントラルドグマの概念です。

先にも書いたようにこの概念は生命における基礎的・原理的なことなので、必ず理解しなければいけないのですが、あまりにミクロな世界のことなので、わかりやすくて実感できる学習というものが難しいのも現状。
そして一般的には、わかりやすく理解するための教材として、アニメーションが多用されています。

今回紹介するものは、無く子も黙る日本トップクラスの研究機関・理化学研究所が製作したセントラルドグマのCGアニメーションです。
これが実にカッコイイ! 特に男心が惹かれるようなムービーです。

ムービー本編と、ちょっとした解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
atom.png

昨年、物理学会だけでなく世界中の人々の話題となった「ニュートリノは光速を超える!?」という実験結果。当ブログでも取り上げました

しかしこの発表を行った研究グループは、「まだ真実かどうか分からない。これから多くの人の意見を聞いてさらに検証を進める。」との声明を発表。私は、これこそが科学者としての正しい行動である、と評価しました。

一つの科学的事実を世界が認めるためには、「追試」して「再現性がある」ことを確かめなければならない。
というわけです。

そしてこの度、多くの人々の意見をふまえた、追試の結果が発表されました。
当初の結果通り、ニュートリノは光速を超えるという現代物理学の常識を覆す結果となったのか!? はたまた・・・!?
続きは以下から。(タイトルでネタバレになってるなんて気にしない!)
[タグ] 物理学 電磁気学
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


新しいiPad(第三世代iPad)が発売されましたね。やはりポイントは超高解像度のディスプレイ! 電子書籍端末として1台欲しいですね~。

そんな中での久しぶりのこのコーナー。iPad教育アプリの使い心地や可能性について、教師の視点から思ったことをつらつらと書きとめていくレビュー記事シリーズ。
今回紹介するアプリは、細胞内小器官を触って楽しく学べる、
「3D Cell Simulation and Stain Tool」です。

Invitrogen(インビトロジェン)という会社が配布しているこのアプリ。一般の人は聞いたことのない会社でしょう。
しかしこの会社は、生命科学系の研究をしている人にとっては超重要な会社。数々の実験器具や薬品を製造している、一流企業なのですよ。
そんな立派な企業が”教育向け”と銘打って配布しているこのアプリ。実に良くできています。細胞について楽しく学ぶことができます。授業でも使えますよ!

詳細は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    


宝登山登山からの帰り、長瀞のもう一つの名所にも行ってきました。
天然記念物として有名な、長瀞渓谷です。

長瀞渓谷は荒川上流部にある渓谷で、荒川を挟んで「岩畳」と「秩父赤壁」という(地質学的に)有名かつ価値のあるスポットがあります。
秩父鉄道の上長瀞駅と長瀞駅の間にあり、駅から歩いてすぐに行くことができます。

長瀞渓谷は、「日本地質学発祥の地」といわれています。
明治時代、政府の依頼によって日本にやってきたドイツの地質学者、ナウマン博士によって長瀞渓谷は発見されました。このナウマン博士は、日本に近代地質学を伝えた第一人者でした。博士は、長瀞渓谷の発見だけでなく、フォッサマグナ(東日本と西日本を分断している広い地帯)の発見などでも名が知られています。
それだけでなく、長瀞渓谷には地質学的に貴重な地層や岩石があることから、上記のように「発祥の地」と言われるようになりました。

散歩がてら、岩畳を歩いてきました。
続きと、簡単な解説は以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
科学技術振興機構が企画する、FIRSTサイエンスフォーラムというイベントが開催されます。

FIRSTサイエンスフォーラム

そもそもFIRSTとは、国が進めている「最先端研究開発支援プログラム」のことで、簡単に言ってしまうと、
国が、日本の科学者の中から「トップ30」を選び、その人たちに数十億円の予算を投じて研究を進めてもらい、世界トップクラスの成果を上げてもらおうというプロジェクトです。

このフォーラムでは、そのトップ30科学者のうちの9名がゲストとして登場し、自分たちの研究の紹介のみならず、将来を担う高校生・高専生とのトークディスカッションを繰り広げる・・・ということが行われるそうです。

最初のサイエンスフォーラム”1”は既に終了していますが、今回のサイエンスフォーラム”2”は、科学者3人ずつ、計三回が各地で行われます。
現在、参加申込みが始まっているようです。興味がある高校生諸君は応募してみてはいかがでしょうか? まずは上記公式ホームページをチェックしましょう。

それとサイエンスフォーラム2から、ニコニコ動画での生放送も同時に行われるみたいですな!(なぜかUstreamではやらないみたい。)
会場に行かなくてもタダで講演を聴けそうですね!
ちなみにサイエンスフォーラム1の動画が、一部ではありますがホームページ上にて公開されているようです。イベントの雰囲気はつかめるのではないでしょうか。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
茨城県の女子高生が、クラブ活動中に未知の化学現象を発見し、その内容がアメリカの学術論文に掲載されたそうです。

部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ|読売新聞

ベロウソフ・ジャボチンスキー反応(BZ反応)という、酸化還元反応があります。
外部からエネルギーを加えなくとも、酸化還元反応が長時間にわたり交互に進むという反応のようで、溶液の色が赤←→青と交互に変化します。


BZ反応実験の一例。交互に色が変化するので、波紋のような模様が作れます。キレイですね。一度やってみたいです。

今までは、BZ反応は色の変化が止まったらもう反応はしないと思われてきました。
しかし、そのまま溶液を5~20時間放置すると、再び反応が再開するらしいのです。この再開現象が新発見となりました。

女子高生らは初めからこのような新発見を期待して実験していたわけではなかったようで、全くの偶然によって発見したとのこと。
続きは以下から。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。