TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
TANOKAGA! 中和反応と塩の生成量の関係 (ナレーション差し替え版)を公開しました。
以前アップロードした動画の、ナレーション音声を差し替えて、いくつかの修正を加えたバージョンです。教材としての内容に変更はありませんので、お好みの方をご覧ください。

TANOKAGA!シリーズのナレーションには、フリーの読み上げソフトSofTalkを使わせて頂いてますが、SofTalkボイスが苦手な人もいるようなので、試験的にGoogle翻訳の音声読み上げ機能を使ってみました。
SofTalkボイスよりも、はっきりとしていて、自然なしゃべりが特徴です。ただ、抑揚がつきすぎていて、聞いていると疲れてくるかも知れません。

スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
TANOKAGA! アルミニウムの燃焼が公開されています。



料理用アルミ箔や電車の車体など、アルミニウムは常に私たちの身近にあり、軽くて有用な金属として知られています。しかし実はアルミニウムはとても反応性の高い金属なので­す。普段は燃えることのないアルミニウムを、とある条件下で燃やしてみましょう。
実験映像だけでなく、ハイスピードカメラで撮影した反応の瞬間映像や、アルミニウムの燃焼を利用した道具の紹介VTRなども加えました。もちろん解説付きの、盛りだくさん­の動画教材です。

【対象学年】
中学生および高校生向けの教材です。酸化・燃焼について知っていれば理解できる内容です。

【補足解説】
市販の料理用アルミ箔は厚すぎるので、同様の実験はできません。また、薄い金属箔はピンセットではなく、竹串などで取り扱うのがよいでしょう。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
TANOKAGA! 銀塩写真が公開されています。



銀塩写真(白黒フィルム写真)の原理を、実験を交えながら、簡単に解説していきます。なぜ白い部分と黒い部分が生じるのか、に重点を置いて解説します。なぜ、風景が紙にう­つるのか、といった物理分野の解説はしていません。

【対象学年】
高校生向けの教材です。酸化還元反応の概要、ハロゲンの概要について理解していることが前提となります。「銀」の性質がメインの教材ですが、銀についての知識はさほどいり­ません。動画中で解説します。

【補足解説】
ハロゲン化銀は水にほとんど溶けないので、硝酸銀とハロゲン化物を大量に用いると、ハロゲン化銀の固体がろ紙にこびりついて、汚くなってしまいますので、注意しましょう。­結局、ろ紙に直接溶液を少量たらすという方法に落ち着きました。
硝酸銀水溶液に金属製のものは触れさせないようにと言っておきながら、金属製のピンセットを使ってしまっていますね・・・。

【訂正】
6分40秒付近
誤:~還元する
正:~還元させる
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
TANOKAGA! 中和反応と塩の生成量の関係が公開されています。



中和反応と、それによって生じる塩(えん)の量には、何かしらの決まりがあるのか、実験を交えて解説していきます。冒頭で、酸・アルカリ・中和反応の簡単な復習もしています。

【対象学年】
中学生向けの動画教材です。イオンや電離について理解していることが前提になります。酸とアルカリの基礎も理解していることが望ましいです。

【補足解説】
硫酸と水酸化バリウムの中和反応は、酸とアルカリが1:1で反応し、かつ生じた塩が水に溶けずに目に見える、などの特徴から、授業でよく用いられている組み合わせのようです。
ただ、硫酸バリウムの沈殿量を目測で比べることはかなり難しいです。細い試験管を用いるなど、実験方法の改良が必要かも知れません。
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。