TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


「アルコール中毒」とは、アルコールの過剰摂取により引き起こされる症状のことですね。悪化すると死に至ります。
「ニコチン中毒」とは、たばこの吸いすぎによって引き起こされる症状、また、その依存症のことですね。

他にも、食中毒や重金属中毒などの中毒があります。
「中毒」とは、毒物の過剰摂取によって人体に引き起こされる悪影響のことです。

では、「水中毒」(みずちゅうどく)という症状をご存じですか?
名前の通り、水の過剰摂取によって引き起こされる症状のことです。

え? 水って毒物じゃないよね? と思った方!
水って実は毒物なんですよ!

解説は以下から。
水は、我々生物が生きていく上で必要不可欠な物質です。
水があったからこそ生命は誕生したのですからね。

性別や年齢によって変動はあるものの、人体の60%強は水でできています。
この水のほとんどすべてが、数十兆個ある細胞中に、また、血液中に含まれています。細胞の中は水で満たされているわけですね。

しかし細胞中や血液中に含まれている水は、ただの水ではありません。他にもミネラル分(ナトリウムイオンやカリウムイオンなど)が含まれています。
いわば、体内に含まれている水は、塩水みたいなものなのです。
この塩水の濃度が、生命活動に非常に重要です。ミネラル分の濃度が濃すぎても、薄すぎても、細胞は正常な生命活動ができなくなってしまいます。

しかし、そう簡単にミネラル分の濃度は変動しません。人体には、含まれているミネラル分の濃度を常に一定に維持するための仕組みが備わっているからです。
ですが、その維持能力を大幅に超える濃度変化には対処できません。
例えば、外界からミネラル濃度を大幅に薄めるような物質が流入してきたときなど・・・。

そう、ミネラル分を含んでいないただの水を必要以上に摂取すると、体内のミネラル濃度が一気に薄まってしまいます。人体はその濃度を元に戻そうとはするのですが、太刀打ちできません。そうなったら・・・

細胞は正常な生命活動ができなくなり、様々な症状が現れ、最悪の場合死に至ってしまうのです。

2007年にはアメリカで、水の大飲み大会に参加した女性が水中毒によって急死するという事故が起こりました。
商品であるWiiを手に入れるため、短時間のうちに7リットルほどの水を飲んだそうで、翌日、血液中のイオン濃度が低下したことが原因で亡くなりました。

このような事例はレアですが、水飲みダイエットなどには同様の危険性が潜んでいると言えるでしょう。
水飲みダイエットをしていて体調が優れない場合、水の摂取を控えると症状が改善することがあります。
あと、のどが渇いた場合は、水よりも、ミネラル分が適度に含まれたスポーツドリンクを摂取した方が良いとは言われています。

一般的に毒物と見られていない物質でも、過剰摂取すれば毒として作用し、死に至るという例でした。
この世に、「毒性が無い物質」など、何一つ存在しないのです。
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/152-27ba2a2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。