TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


生物学のプロ中のプロの先生に誘われて、埼玉県秩父・長瀞(ながとろ)にある宝登山(ほどさん)へハイキング(登山)に行ってきました。
宝登山の山頂にはロウバイという植物がたくさん植えられた「ロウバイ園」という観光スポットがあり、それが今見ごろを迎えているそうで、それを見に行くのが目的でした。

私たちは車で行ったのですが、鉄道で行く場合は、秩父鉄道の長瀞駅が最寄り駅になります。
宝登山の麓には宝登山神社という神社があり、そこから山に登ることになります。
ロープウェーもあるのですが、生息する鳥や植物の観察も目的でありますから、徒歩ルートで行きましたよ。
前日、秩父では少し雪が降ったようで、山道の脇には雪が積もっていました。

それなりの傾斜の山道をゆっくりと登っていくことおよそ1時間・・・山頂に到着しました!
ロウバイ園のレポートは以下から!
山頂にはたくさんのロウバイが規則正しく植えられており、完全に観光地化されていました。
日曜日だったということもあり、多くの人が宴会を開いたり、写真を撮ったりしていました。(ほとんどの人はロープウェーを使って登ってきます。登山客は少数です。)

そもそもロウバイとは中国原産の木で、花弁(花びら)がロウ細工のように見えることからその名がついた、という説があるように、特徴的な花弁を持っています。
花自体は2センチくらいの小さなもので、淡い黄色をしています。まったく派手さのない花です。
ですのでたくさん植えられていても、遠くからではただの枯れ木にしか見えませんでした・・・。(満開ではなかったからそう感じたのかも・・・でも満開になってもあまり変わらない気も。)
においも、「あぁ、においはあるねぇ」といったくらいのほんのりとしたものでした。
ちなみにロウバイの”バイ”は”梅”という漢字を書きますが、梅の仲間ではないです。まぎらわしいですね。

2012-02-26_112351.jpg2012-02-26_112536.jpg
ロウバイの名の由来とも言われている特徴的な花弁。たしかにロウ細工のような「つるっ」「ぬるっ」としてそうな表面だ

2012-02-26_113415.jpg
ひとくちにロウバイと言っても、ロウバイ園には三種類のロウバイが植えられている。こちらは「和ロウバイ」という品種。花の中心部が赤いのが特徴

動画も撮ってきました。


宝登山山頂にはロウバイ以外にも、梅の木もたくさん植えられています。
しかし、今年は寒い冬が長引いているため、梅はまだほとんど開花していませんでした。梅が咲くようになったら、また違った風景が見られることでしょう。

2012-02-26_113936.jpg
山頂にたくさん植えられているフクジュソウ(福寿草)。花弁がパラボラアンテナのように配置されていて、花の中心部に太陽光線を集めることができる。集まった太陽光が発する熱で虫を誘い込む。なんとスゴイ仕組みだろう!

連れて行ってくださった生物学の先生から、山道に生えている様々な植物や、生息している鳥などについてもいろいろと教えていただき、大変勉強になるハイキングでした。

2012-02-26_121859.jpg
わりと頻繁に見かけるこれはヤブランという植物の実。”ラン”とあるが実はユリ科

2012-02-26_115929.jpg
ヤブランとよく似ているがこちらはジャノヒゲ(リュウノヒゲ)という別の植物。どちらも青い実をつけるので、実だけでは判別しにくい

やはり下山は上りよりも楽ですね。30分ほどで戻ってこれました。
このあと我々は、長瀞の代表的な名所・岩畳へ向かいました。旅の続きはこちら
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/166-02cd0985

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。