TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「弾道ミサイル防衛」という言葉は、マスコミでよく報じられているので、耳にしたことがある人も多いことでしょう。
宇宙空間からマッハの速度で落下してくる弾道ミサイルの、あらゆる手段・段階での迎撃を目指すミサイル防衛ですが、世界的に見ると、アメリカと日本が技術的に一歩抜けている感があります。(アメリカに至ってはもうSFの領域に・・・)

ミサイル防衛の段階は大まかに分けて「弾道ミサイル発射直後の上昇段階での撃墜」「宇宙空間を飛行している段階での撃墜」「大気圏再突入中での撃墜」の3つがあります。
日本でよく報じられているのは、スタンダードミサイルSM-3とパトリオットミサイルPAC-3ですが、前者は「宇宙空間での迎撃用」で、後者は「落下中のミサイル迎撃用」です。
今回は、アメリカが開発中の、「ミサイル上昇段階での迎撃兵器」についてのお話です。

動画と解説は以下から。
アメリカは、弾道ミサイル上昇段階での迎撃用に、レーザー兵器を開発しています。(SFっぽいですが、本当です。)
強力なレーザー砲をジャンボジェット機に搭載した、YAL-1の開発は、大詰めを迎えています。



この機に搭載されているレーザー砲は、化学励起酸素ヨウ素レーザー(COIL)と呼ばれるものです。機首から突き出ている目玉がそれです。
名前の通り、酸素とヨウ素を用いてレーザー光を作り出します。なぜ酸素とヨウ素でレーザー光が作れるの? と疑問に思う人は、こちらの東京工業大学のホームページにエネルギー図が書いてありますので、自信があったら見てみてください。(エネルギーについての理論を知っていないと難しいかも・・・)

化学反応式を書くと、こうなります。これだけ見ると、実験室でもできそうな気がしてきますね・・・。
2KOH + Cl2 + H2O2 → 2KCl + O2 + 2H2O
このように、まず、強塩基と塩素ガスと過酸化水素を反応させます。すると、通常よりも高エネルギー状態の酸素ができるそうです。この酸素をヨウ素原子と反応させて、高エネルギーのヨウ素を作り出し、そのヨウ素を勢いよく噴射するとレーザー光が生まれるそうです。
これを何反応というの? と言われても私はよくわからないのですが、酸化還元反応であることは間違いないでしょう。
ただ、鋭い人は気づいたかも知れませんが、レーザー光を作ると同時にハロゲン廃棄物を空気中にまき散らしているんじゃないか、とも思えますね。実際どうなんでしょう。

さて、解説はここまでにして、2010年2月に実施された弾道ミサイル破壊実験の映像を見て頂きましょう。見ての通り、実験は成功したようです。(しかし、最近実施された実験は失敗したようです。)



と、このようにアメリカの科学技術は、かつてのSFの領域まで進んでいるんだなあ、というお話でした。(誤解がないように言っておきますと、このレーザーの仕組み自体は既に皆に知られているものです。ただ、これを実際に飛行機に載っけちゃった、というのはさすがアメリカと言ったところでしょうか?)

ちなみに、威力は劣りますが、アメリカ&イスラエル共同開発のレーザー兵器も開発が進んでおり、また将来的には軍艦の対空防御火器としての採用が考えられています。

以下はオマケですが・・・

SFっぽい兵器でしたら日本も作っています。こちらもミサイル防衛での利用が期待される、「宇宙空間を自由自在に動くカプセル」です。(一部では、ガンダムのファンネルと言われています。)

関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/17-0eee3ef4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。