TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


以前、東京都北区王子の博物館巡りをしたことがありましたが、今回は東京都北部の自然を学べるスポット、「名主の滝公園」(なぬしのたきこうえん)に行ってきました。

ここはもともと江戸時代、この地域の名主が整備した庭園でした。現在では北区が管理する公園となっています。
名前にもあるように園内には滝があり、これがシンボルなのですが、たんなる”滝のある公園”で片付けてしまうのはもったいない。この公園の景色は、関東平野のある特徴的地形によってもたらされているのです!

この公園で見られる関東平野の特徴とはなんなのか? またどんな自然環境が残っているのか?
水と緑あふれる名主の滝公園の見学レポートは以下から。
そもそも滝はどのような地形にできるものでしょうか?
それは、「急激な高低差」がある地形ですよね。なだらかな高低差なら、川になってしまいますから。
つまり、この公園内には急激な高低差のある地形があるということです。

さて、話は変わって、関東地方に住んでいる人にとっては「関東平野」という言葉は常識ワードでしょう。関東地方に広がる国内最大の平野で、首都圏がとーっても広いのはこの平野のおかげでもあります。
ただ平野と言っても、高低差が全くない真っ平らなわけではありません。厳密には台地や丘陵もたくさんあり、デコボコした地形なのです。
関東平野にある台地のうち、荒川と多摩川に挟まれた地域(東京都区部西部・東京都多摩地域・埼玉県南部など)に広がっているのが「武蔵野台地」です。

王子の街はこの武蔵野台地の東端のひとつであるのです。台地の端なわけですから、滝が作られるのも納得いきますね。
ちなみに上野駅の京浜東北線ホームから上野動物園側の地面を見ることができますが、一段盛り上がっていることがわかります。上野動物園もまさに武蔵野台地の東端なのです。


園内にある4つの滝のうちの2つ、「男滝」(前半)と「女滝」(後半)。どうやら今ではポンプによる循環式のように見える・・・

公園自体はあまり広くありません。滝や池が中央部にあり、その周囲をぐるっと散策することができますが、歩くだけなら10分ほどです。ただ、前述のように台地の端なので、高低差がわりとあります。

しかし広くはないものの、たくさんの植物があります。
ほとんどの植物の近くには、植物名と説明が書かれた札がつけられており、まるで植物園のよう。東京都北部に生えている植物について丸ごと調べることができそうです。(樹木や低木だけでなく道ばたの草に至るまで、です!)
桜やもみじも植えられているので、季節によってはたいへん華やかになるでしょう。

2012-03-15_150629.jpg
このように、あらゆる植物について説明がなされている

解説看板によると、園内には本来は海岸付近に生えている樹木が多く見られる、とのこと。これはつまり、昔はこの近くにまで海が広がっていたことを示唆するものです。

また、園内では野鳥や昆虫の観察もできるようです。
樹林があるので、小型の鳥のすみかになるのでしょう。春秋には渡り鳥の移動ルートとしても使われているらしく、運が良ければ貴重な渡り鳥も見られるかもしれません。
ただ、僕が行ったときは野鳥というよりはカラスばかりいました。これだけカラスが多くては他の鳥は襲われてしまうのではないでしょうか。

2012-03-15_150329.jpg
このような解説看板も用意されています。このような配慮のおかげで自然学習の場としても使えます


トンボを呼び込むために作られたという「トンボ池」。この時期はトンボはいないが、代わりに甲羅干し中のカメがたくさんいた。もともと生息していたものか、捨てられたペットが繁殖したものかは不明

私の感想ですが、武蔵野台地の東端という特徴的な地形にうまく溶け込んだ、美しい公園だと思いました。
特に気に入ったのは植物園ばりの解説看板の数々。もうここだけで東京の植物の多くを勉強できるのではないかと思うくらいたくさんあって、とても好印象。園内は狭いながらも、教育的密度は濃い! 植物やら動物やらをギュッと学べる良スポットだと思いました。


おまけ:
王子駅前にある北区のシンボルビル、「北とぴあ」の展望ロビーにも行ってきました。区のビルなので無料で入れます。北区には(良くも悪くも)高層建築がほとんど無いので、遠くまで見渡すことができます。やはり目立つのはスカイツリーですね。

関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/170-f3acb8f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。