TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


初スマートフォンとしてXperia arcを購入した私ですが、いわゆる「普通の買い方」ではなく、「いかに安く購入し、いかに安く維持するか」にチャレンジしたので、そのプランを記しておこうと思います。要はただのケチケチプランの考察なわけです(笑)

通常、スマートフォンを新規で購入・契約する場合、端末代や通信費込みで月額7000円近くの出費が必要なのが普通だと思います。それを端末代込みで月額3000円以内に抑えようという魂胆です。もちろん、こんなうまい話はそうそうあるわけでなく、このプランにはちょっとした手間と不便さが伴います。高いお金を払っている人は、やはりそれなりのサービスを受けられるということ。ケチケチプラン利用の人が正当派プランと同等のサービスを求めるのはナンセンスですので、そこは理解した上でお読みください。

プラン解説は以下から。
1.端末の購入

まずはスマホ端末を購入しなければ何も始まらないので、お店で購入します。もちろん端末だけ購入することはできないので、携帯会社との契約も行います。
新規やMNP(電話番号持ち運び)や機種変更など料金プランは様々ですが、この中で一番安い、というかキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているのはMNP契約。しかし、私は今まで使っていた携帯番号は維持したかったので、新規契約することにしました。

その新規契約で、「新規一括0円端末」をチョイスするのがポイント。よくある「実質0円端末」とは違うので注意。
「実質0円」とは、「端末代として月額○○円払ってね。でも毎月同額割引するから相殺されるよ。」というやつです。対して「新規一括0円」は文字通り本当に1円も払わなくてOK! 無料でスマホが手に入っちゃいます!

ただし新規一括0円端末は、基本的に半年~1年前に発売された型落ち品のみに適用されています。私が買ったXperia arcもちょうど1年前発売のものです。最新機種で新規一括0円はまずありませんので、どうしても最新機種が欲しいという人はこの計画をあきらめてくださいな。

2.ドコモとの契約

つづいて、端末を購入するために必要な携帯会社(キャリア)との契約です。これは、”お店選び”が重要となってきます。

通常、お店では、「端末をこれだけ安くしてあげる代わりに、これとこれとこの料金プランに入ってね。」という販売手法をとっています。そしてその際に強制されるプランは、2年縛り&パケット定額&(場合によって)さらにオプションといったもので、最低でも月額5000円以上かかるものです。
月額3000円以内に抑えようという今回の計画において、こんな契約は断じて認められないっ!

というわけで、この強制プランがないお店を見つけることがポイント。そして私が思うに、狙い目はこの時期! そう3月!
この時期は、各社決算期&新年度需要&春モデル発売などもろもろの条件が重なって、販売店も携帯会社も争って値引き&契約受注合戦が展開されているように見えます。
MNP契約にいたっては「数万円キャッシュバック」なんてキャンペーンが普通に行われています。まあ今回はMNPしませんが。

それで私が訪れたのは池袋。家電量販店2社の激戦地。
片方のお店では、「絶対にこの定額プランに入ってください! それ以外はダメです!」と言われてしまったのですが、もう片方のお店では「2年縛りさえ入っていただければどんな格安プラン契約でも良いですよ。」と、あっさり言ってくれたので、このお店で新規契約することに。

Xperia arcはドコモの端末なのでドコモと契約します。(むしろ後述の計画のためにドコモ端末を入手しなければいけないのですが。auやソフトバンクではダメです。)
契約プランは、「タイプシンプルバリュー」&「ひとりでも割50」(2年縛り)&「明細書郵送しない割引」で、しめて月額680円なり! データ通信(インターネット)は後述の別計画にてやるので、パケット定額プランおよびspモード(プロバイダ契約)はしない!

これで、2年間で合計16000円強払えばOKということになりました。(端末の保証プランは任意で入ればいいでしょう。)

ただ実は、ドコモと一切契約をせずに端末だけを入手する方法はあるにはあります。それは、「白ロム」と呼ばれる新古・中古品を中古屋から購入する方法。
白ロムとは、契約者情報や電話番号が書き込まれているカード(SIMカード)が抜かれている端末のことです。つまり誰とも契約がなされていない端末のことですね。
白ロム購入にはいろいろなリスク(自分で調べてください)があるのですが、Xperia arc新品の白ロムでしたら、今なら20000円ほどで購入できます。この値段だけ見れば、ドコモと余計な契約をしないで端末だけ買ったとしても、コストは同じくらいに見えます。
しかし私がドコモとの契約を選んだのは、このドコモとの契約がいったん切れる2年後、MNP権利を行使することが可能になるからです。仮に2年後の日本でも「MNP契約でキャッシュバック数万円」という無茶苦茶な商法が続いていれば、このドコモとの契約はあっという間に数万円の現金に化けてくれます。たぶん。
そう考えると、中古屋で白ロムだけを買うのはあまりお得じゃない・・・?

3.格安データ定額サービスの契約

せっかくスマホを買ったのだから、いつでもどこでもインターネットに繋がる環境が欲しいですよね。まあ自宅にWi-Fi環境があれば通信費ゼロで運用できますけど・・・。
しかし私はドコモのデータ定額サービスに入りませんでしたから、このままうっかりパケット通信してしまうと、月額数百万円という請求がきてしまいます。インターネット接続について別の方法を模索しなければなりません。
あ、ですので、お店で端末を受けとったらすぐさま店員の前でスマホを取り出して電源を落としてしまいましょう(笑) スマホはバックグラウンドで勝手に通信を始めてしまいますから、家に帰った頃に既に数千円通信している可能性大です。

というわけで、私が選んだデータ定額サービスはこちら。IIJmio高速モバイル/Dサービス
これはIIJという会社が提供しているサービスで、IIJがドコモから通信回線を一部借りて、それを独自の料金プランで消費者に提供するという、MVNOというしくみを利用したものです。

この高速モバイル/Dサービスのミニマムスタート128プランは、月額950円でインターネットし放題! 主要携帯会社が月額5000円ほどという中、破格の安さですね。
しかしもちろん条件はあって、最高速度が128kbpsと低速なこと。(一応、追加料金で一時的に高速化することが可能。)ですが、動画や大きい画像をバンバン開くという使い方じゃなければ、十分実用に耐えられるとの触れ込みなので、契約してみました。私、基本的にインターネットは家と職場のパソコンでやるので。

1週間ほどでIIJのSIMカードが送られてきます。(外見はドコモのSIMカードです。ドコモの回線を使いますからね。)それをXperiaに挿入! あとはちょちょっとアクセスポイントの設定をするだけ! 簡単にはじめられます。
そうそう、抜いたドコモのSIMカードは大事にしまっておきましょう。2年間の冬眠に入ってもらって、あわよくば2年後に数万円に化けてくれることを祈りましょう(笑)

4.IIJmioの使い心地

さて、IIJプラン使用開始から1週間ほどたちました。
確かに、無線LANや、他の人の”普通のパケット通信”と比較すると非常に遅いです。しかし実用に耐えられないという印象は今のところありません。もちろん動画や画像たくさんのホームページを見るのは無理ですけど。文字がメインのホームページでしたら苦もなく使えますね。

Googleマップを使った徒歩ナビゲーションもスムーズでした。航空写真じゃなければ、マップデータはそんなに大容量ではないみたい。
ただ、ドコモが提供している基地局位置情報やGPS衛星軌道データなどは使えないようです。つまり、現在地の高速検出や、A-GPS(GPS測位を高速化する仕組み)が使えません。A-GPSでないGPSは、電池消費が大きい上、一般的なスマホよりも測位が非常に遅いことがデメリットです。

基本的に、ドコモの回線を借りているだけなので、ドコモの純正サービスは受けられません。spモードを契約しなかった理由も、契約したとしても使えないからです。docomo.ne.jpのメルアドも使えません。てかメルアド自体ありません。
ですから、メールはGmailを使うことにしました。Androidの純正Gmailアプリや、K-9という良質なメールアプリを使えば、携帯メールと同様の利用が可能です。

ただひとつ、嬉しい誤算だったのは、エリアメール(緊急地震速報など)は機能したという点。先日の千葉県東部地震の際は、見事に警報音が鳴ってくれました! これでちょっと安心です。

5.通話料削減のために

インターネット接続は月1000円以下でできるようになったとして、電話はどうするのか、についてです。
IIJのプランはデータ通信専用なので、通話機能はありません。

ちょっと面倒になりますが、携帯電話を2台持ちにすることで解決することにしました。私はソフトバンクのフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)を持っているので、ホワイトプラン月額980円で電話機能が使えます。電話番号も今までのが使えますしね。
それにXperia arcはFeliCa非搭載でおサイフケータイ機能が使えないので、おサイフケータイのため、という意味もあります。

さらにケチケチを追求したければ、SIPフォンという手段があります。
私の家はフレッツ光によるインターネット環境なのですが、同時にひかり電話(固定IP電話)にも契約しています。そしてひかり電話標準機能として、スマートフォンをひかり電話の子機として登録することが可能なのです。
スマホが子機になるので、家の電話番号から通話発信ができます。スマホ自体が電話回線契約している必要は全く無いわけ。通話料もひかり電話準拠なので、携帯にかけても安価! 一応着信もできるのですが、電池消費が凄いことになるので、発信専用と割り切って、相手には通話料の高くなるソフトバンクガラケーの方にかけてもらいましょう(笑)
このSIPフォン、家の中では無線LAN接続によって快適な通話ができるのですが、外からはVPNという仕組みを使わなければ利用できません。(アプリによってはできるのもある?)ですから、外出先でどうしてもすぐに電話しないと、という場合はおとなしくガラケーを使いましょう。また、仕組み上VPNで通話は可能なはずなのですが、私が試したところ、VPN機能は使えるものの発信が不可能でした。おそらく回線が遅すぎるのが原因かと・・・。公衆無線LANからなら可能かも知れません。

6.おわりに

というわけで、長きにわたって紹介してきました私のケチケチプラン。

ドコモ タイプシンプルバリュー 680円
IIJmio ミニマムスタート128プラン 950円
ソフトバンク ホワイトプラン&プロバイダ 1300円ほど

(ソフトバンクのプロバイダ料は、おサイフケータイ機能を使うために維持。不要なら解約すればもっと安く。)

月額合計3000円弱! そして端末代は無料!
これでしばらくやってみようと思います。

なお、今回紹介したプランは、”今だけしか”実行できない可能性があります。携帯電話のサービス競争やスマホの進歩はすさまじいものでありますから、今後どのような商法・サービスが出てくるかまったく予想つきません。私のプランをマネして不利益が出たとしても責任は負いかねますのでご了承ください。最終的にはご自身で考えてご自身で判断を! 社会を生き抜くための基本ですね。

またこのようなケチケチプランを追求することは、「必要とする品質のものをより安く購入したい」という健全な消費行動であると思っているのですが、見方を変えると・・・
ドコモからすると、タダでスマホをプレゼントしたあげく、ろくにカネを落として貰えず、しまいには2年後に解約されてしまうかもという、とんでもなく嫌な客に写るでしょうし、仮に2年後にMNP契約するとしたら、こんなケチな客のために数万円キャッシュバックしなければいけない携帯会社も出てくるわけです。そんなことで被った損失を、携帯会社は”一般”契約者の通信費に上乗せすることで回収している可能性が高いわけです。
一般契約者の大きい負担のおかげでこのようなケチケチプランが成り立っているわけですから、普通の人に「俺はこんなに安いんだぜ!」といった自慢をするのはやめましょうね・・・。
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.11.11 17:22  | # [ 編集 ]

一つ前のコメントをしてくださった方へ

私がドコモの店員さんから聞いた限りのことになりますが・・・
少なくともFOMAスマホに関しては、spモードに加入しないとインターネット接続自体ができないので、パケット通信はそもそも不可能ですね。スマホ端末の設定でモバイルデータ通信をONにしようがOFFにしようが関係ないです。なので、spモードさえ解約してしまえば、パケット代が数百万といった状況には絶対になり得ないはずです。
spモードに加入しなくても、電話とSMSとWi-Fi通信はできます。でも、データ専用SIM(IIJやDTI)を差した場合は前の二つは無理ですね。
あとパケット定額プランですが、spモードに加入していないとそもそも契約すらできないと言われました。ネット自体ができないので当然といったら当然ですが。
DTIもIIJもドコモの通信回線を借りてはいますが、ユーザーがドコモに直接料金を支払うことはありません。
ちなみに私は差し替えて余ったドコモのSIMを、別のドコモケータイに差して通話専用機として家族にあげました。維持費は月額700円~ほどです。

参考になれば。

2012.11.11 17:40 URL | たのかが #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/171-a61b14d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。