TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


5月16日~18日の三日間、有明の東京ビッグサイトにて教育ITソリューションEXPO(EDIX)という展示会が行われていました。
このイベントは、学校向けIT製品の展示・商談会で、日本全国から教育関係者が訪れるアジア最大の展示会なのです。

先日行われた第3回の最終日に行ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います。
ちなみに商談に行ったわけではありませんよ。私まだまだ下っ端ですし(笑)
IT技術にとっても興味があるので「おもしろそうだ!」と思って行っただけなのです。

レポートは以下から。
・・・とは言っても、会場内は撮影禁止だったので、写真付きで紹介することができないのです・・・。無念。

会場は製品内容ごとにエリア分けされており、主に以下のような製品群がありました。
  • 教育業務支援製品
  • 設備製品
  • e-Learning製品
  • 教材コンテンツ製品

教育業務支援製品とは、学校の事務業務で使えるソフトウェアなどです。
目立ったのが生徒の出欠管理,伝言板,成績などのデータベースを一元化して管理でき、かつそれら重要なデータをクラウド上に保管するといったもの。とにかく多くの会社(NTTといった超大手をはじめ聞いたこともないような会社まで)が似たような製品を展示していたように見えました。しかも他社製品とあまり差別化できていなそうなものが多かったように感じました。まだまだ「情報一元管理&クラウド」という製品は発展途上の段階といったところなのでしょうか。
また、大震災の影響からか、災害用情報通知サービスもたくさんの会社が出展していましたね。

設備製品とは、学校で使うありとあらゆるハードウェアです。
パソコンや印刷機といった一般的な事務製品から、少しずつ広まってきた(ように見える)電子黒板にいたるまで、たくさんの種類の電化製品が展示されていました。とくに電子黒板等の「授業の電子化」に関わる製品群は、日本の大手家電メーカーが競うようにして製品を発表していました。凄く気合いが入っているように見えます。
私個人としては、電子黒板や電子教科書があればメリットばかり!といった考えはまったく持っていないので、今後の日本の教育現場がどう変化していくのか、楽しみ半分不安半分といったところです。
またこれも時勢を反映してか、エコ関連商品もたくさんありましたね。LEDライトとか・・・。

e-Learning製品は・・・遠隔授業システムとかネットワークを利用した問題集とかそういった類の物ですが・・・私はあんまり詳しくない&興味がなかったので、詳しくは見て回っていません。あ、別に否定しているわけではありませんよ。

教材コンテンツ製品! これが私の主目的でもありました。理科の授業で使えるようなコンテンツやヒントがあればいいなぁ、ということで。
結論からするとほとんど収穫はなかったんですけどね(笑) やはりというか、デジタル教科書や教育ソフトなどが主で、「理科」に絞った教材っていうとあんまり無かったですね。

2012-05-18_2.jpg
今回の戦利(?)品
パンフレットのみならず、クリアファイルやらボールペンやら針無しホチキスやら懐中電灯やらタンブラーやら災害用ポンチョやらカッターやらエコバッグやら電子教科書(体験版)やら化学分析ソフト(体験版)やら大量のグッズももらってきてしまいました。参加費は無料だったのにこんなにもらっちゃってなんか悪いなぁ・・・。


社会人になったことで、製品商談会というものを経験することができました。
商談会という名前の通り商談が主で、私みたいな「教材探しとか技術動向を調べに・・・」という目的の人は多くなかったように思えます。
また、平日に開催されていたので、教員の立場で参加した人も多くなかったように感じました。そういう意味でも、「ビジネス展」の色が濃い展示会と言えるでしょう。「教員」という札を下げて歩いていると、珍しそうに声をかけられたことが何度かありました。

ともあれ、最先端のサービスや製品を知るにはとてもいいイベントだったと思います。ただどこも似たり寄ったりで、革新的・独創的なものが少なかったのが残念でした。(私の見方が悪いのかも知れませんが。)
でも、いろいろな会社さんや他業種の方々とお話をしていると、見識を広げられたので良い経験にはなりました。
来年も実施される予定のこのイベント。予定が合えば、次回も参加してみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/178-c41d3b3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。