TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月に、上野・国立科学博物館で開催中の「空と宇宙展」に行ってきました。
1910年に日本初の動力飛行が実現してから、今年で100周年となることを記念して開催される、空と宇宙へのロマンあふれる展示会です。

2010-11-05_130427.jpg

簡単な見どころ解説は以下から。
まずはじめに断っておくと、この展覧会は「日本の航空・宇宙史」のみが対象ですよ。外国の話は出てきません。
展示スペースは特設展なので、あまり広くないです。(確か1フロアだけだったかな。)

展示物の多くが、写真と、模型と、エンジンなどの実物標本です。

2010-11-05_132006.jpg2010-11-05_133601.jpg
日本の空を舞った数々の名機の模型がたくさんあります。(戦前・戦中は軍用機メインですね。)

2010-11-05_134605.jpg
グライダー。実物です。大きい。

2010-11-05_135204.jpg
ペンシルロケットや、人工衛星おおすみから始まる日本の宇宙開発史の解説も充実しています。もちろん模型もあり。

中でも目を引くのは、小惑星探査機・はやぶさの実物大模型と、宇宙ヨット・イカロスの実物大模型でしょう。
ちょうどイカロスの打ち上げ成功&はやぶさ帰還の話題が冷めやらぬ時期だったので、とても多くの人が集まっていましたよ。
はやぶさ&イカロスに興味があれば、公式ホームページやJAXAのホームページを見て勉強してくださいね。(私のブログでは今は詳しく書きません。)

2010-11-05_135633.jpg2010-11-05_135716.jpg
このスケール感は、実際に行った人にしかわからない!

それと私が行った時は、はやぶさの突入カプセル(小惑星イトカワの砂を封入した耐熱カプセル)が期間限定で展示されていました。(むしろこれが最大の目的だった。)
カプセルだけは撮影禁止で、厳重な警備の下での見学になったのですが・・・うーん、正直な感想としては、
1.もちろん本物ではない。(本物はイトカワの砂がないか分析中だ。)
2.2メートルくらい離されていて細かいところが見えない。
3.JAXAデジタルアーカイブスで公開されている写真の方が見栄えが良い。

などの理由から、あまり感動できなかったのが残念。ただ、スケール感は感じられましたね。思ったよりも小さかったです。

最後に特設ショップで、ガイドブック(確か2000円)を買いました。とても読み応えのある本なのですが、その中でも、この100年間、日本で活躍した飛行機の写真が超大量に載っているページは、とても資料性が高いと思いました。「日本の飛行機一覧表」みたいな形で見るのも良いかもしれないですね。

空と宇宙展は、2011年2月6日まで開催されています。知識を蓄積したいという人には物足りないかも知れませんが、飛行機や宇宙に興味がある人は、行って損はないはずです!
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/20-086c0285

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。