TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「宇宙で試みる芸術表現 宇宙ステーション「きぼう」での実験」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で、無重力空間における芸術表現で驚きや感動を発見してみようと JAXA(ジャクサ)は、さまざまな実験を行なってきました。 
平成25年3月30日 実験を発案した学者たちが、多摩六都科学館のプラネタリウムに集まり、実験内容や作品を紹介しました。
筑波大学教授の逢坂(おうさか)教授は、直径8cmの水球に、墨流し技法を用いてインクを流し、地球大気に見られる雲の流れのような模様をつくりだした様子を紹介。予期せぬ色彩の動きや広がりを見た感動と興奮を語ってくれました。
東京大学大学院の河口教授が発案したのは、抹茶の粉と水はどのように混ざり抹茶となっていくのかを確かめる実験です。
そして、お茶の水女子大学の石黒名誉教授の発案は、敦煌の壁画や仏教絵画で描かれる「飛天」をヒントにした無重力空間での踊り「飛天プロジェクト」です。

たのかがのひとこと解説:
宇宙ステーションで行う実験は、水をこぼしてみたり、ボールを投げたりといった、シンプルだけどあまりおもしろそうじゃないものが多い。ですがこの番組で出てくるアートと科学の融合のようすはとても感動的。ぜひ見てほしいですね。
そもそも「科学」と「芸術」はなかなか相容れない学問同士のように感じるかもしれませんが、じつは密接な関係があるのです。例えば、絵の具。絵の具の色素成分を主役にすると、「美術」「世界史」そして「化学」などのダイナミックでドラマチックな講義が展開できるのです。こんな学問横断的な授業も、学校現場においては今後大切になっていくのではないだろうか、と私は思います。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/222-a3bea2d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。