TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ベクレル(Bq)とは、1秒間にどれだけの原子が崩壊して放射線を出しているか、を表す単位です。
簡単に言うと、「放射線を出す能力の強さ」の指標です。

一方でシーベルト(Sv)とは、放射線を浴びた人間に与える影響、を表す単位です。
簡単に言うと、「放射線の量」の指標です。

全く意味の異なる二つの単位ですが、計算によってベクレルをシーベルトに換算することができます。
食物や水道水に含まれている放射性物質の量は、ベクレルで表されていますが、この換算法さえ覚えておけば、それによってどれだけ被ばくするのか知ることができますよ。

解説は以下から。
先に結論を言ってしまうと、今のところは
50000ベクレル/kg = 約1ミリシーベルト
とだけ覚えておけばいいでしょう。

実は、ベクレル→シーベルトの換算は、放射性物質の種類や、摂取方法によって数値が全く違ってきます。
現在問題となっているのは、放射性ヨウ素131の経口摂取です。上記の換算は、放射性ヨウ素131を含んだ食品を食べてしまった時のみに適用されることを覚えておいてください。
今後は、放射性セシウムなどの汚染が問題になってくる可能性があります。そのときは、この換算式だけでは考えられないことに注意しましょう。
もちろん、実際は放射性ヨウ素と放射性セシウムを両方摂取してしまうことが多いと思うので、実際の内部被ばく量はこれよりも多くなるでしょう。

さて、ここで一つ、放射線障害防止法という法律を紹介しましょう。
これは、放射線を扱う仕事をしている人の健康を守るために、どれくらいまでの被ばくなら許容しますよ、といった数値を定めた法律です。放射線を扱う人にとっては、暗記しているくらいメジャーな法律です。(私も大学時代に放射線取り扱い資格講習で勉強しました。)

ここでポイントとなるのは、妊娠中の女子に許容される内部被ばく量の上限です。
法律では、妊娠してから出産するまでの間、累積1ミリシーベルトまでの内部被ばくなら許容されますよ、とあります。
言い換えると、それ以上の内部被ばくは胎児に深刻な影響を与える可能性が高まる、ともとれます。

この数値を前述のベクレル換算式に当てはめて考えてみましょう。
例えば、10000ベクレル/kgの汚染食品を5kg食べると、もう上限です。25000ベクレル/kgのものを2kg食べても、上限です。
出荷停止になったほうれん草の放射性ヨウ素の数値は、数万ベクレル/kgですので、容易に妊婦の許容限界を超えてしまうことがわかります。
実際は、放射性セシウムも含まれていますし、ほうれん草だけでなく他の作物や水道水も汚染されているわけですから、もっとシビアに考えなければいけないでしょう。

女性,妊婦,子どもは放射線の影響を特に受けやすいとされています。これらの人々は特に内部被ばくに気をつけなければいけませんし、また、国もしっかりと守ってあげる必要があると思います。
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/73-ec7c9438

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。