TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


放射線メーター「はかるくん」を今年もレンタルしたので、さっそく職場の放射線(ガンマ線)量を測ってきました。(今年は原発事故の影響でレンタル希望が殺到しているみたいで、手続きにだいぶ時間がかかりました。)
結論からすると、ちょっとびっくりな結果となったのですが、昨年の測定値と比較して、ここからなにがわかるのか、考察していきます。
まさか去年計測していたデータがこんな形で役に立つとは、思ってもいませんでしたけどね・・・。

測定結果および考察は以下から。
※ はかるくんは高級な測定器ではありませんので、厳密な値は出ません。あくまで参考値・傾向としてとらえましょう。

私の職場は、埼玉県南部の中高一貫校です。
測定地点の特徴と、昨年の同時期の値 → 先週の値、の順に記載してあります。


1.校舎内  0.04μSv/h → 0.04μSv/h

鉄筋コンクリート造りの校舎内で測定。測定場所は3階だが階による大きな変化はない。
値は昨年と全く変わりなし。原発事故の影響は室内には及んでいないことが示唆される。


2.コンクリート舗装道路  0.04μSv/h → 0.06μSv/h

屋外で測定。地面はコンクリート舗装。水はけは良い。地面に接した状態で測定。
昨年と比べて若干の上昇が見られるが、機械の精度から考えて誤差ともとれる。これだけのデータでは何かしら示唆することは困難か。何とも微妙。


3.土のグラウンド  0.02μSv/h → 0.08μSv/h

屋外で測定。地面は土のグラウンド。植物は生えていない。水はけはあまり良くない。地面に接した状態で測定。
ちょっとびっくりな結果。明らかに数値が上昇していることが分かる。降下してきた放射性物質は土に染み込むと言われているが、それを裏付けているようにも見える。しかし上昇はしたもののこの値ではまだ安全圏。


4.人工池  0.01μSv/h → 0.10μSv/h

学校敷地内には人工の池が作られている。ビオトープみたいなものである。地面は土。植物もたくさん生えている。水面ぎりぎりで測定。
一番衝撃を受けた結果。値が10倍に跳ね上がった。通常、水というものは放射線を減衰させる効果があるので、池の放射線量はどこよりも低く出なければならない。しかし今回はどこよりも高い値が出た。ここから分かることは、池に降った放射性物質は逃げ場が無く、そのまま溜まり続けているということだ。この考えが正しければ、この時期使われていないプールの放射線量もかなり高いと想像できる。


5.晴天時と雨天時

0.08μSv/hを出した土のグラウンドだが、これは晴天時の値である。雨天時、同じ場所で測定したところ、0.12μSv/hという高い値が出た。
通常、雨天時は地表の放射線量は高くなる。空気中にはじめからあるラドンなどの放射性物質が、雨に溶けて落ちてくるからだ。そのため、先週の雨天時に値が更に上昇した原因は、「空気中のラドンによるもの」か「原発から漏れた放射性物質が雨に溶けたもの」か、結論を出すことは困難だ。おそらく、両方の要因があるとは思う。


さて、今回の測定結果をまとめましょう。

通常であれば、水辺→土→コンクリート造りの建物、の順で放射線量は高くなっていくはずですが、今回は真逆の結果となりました。
原発から漏れた放射性物質は風に乗ってやってきて、雨によって地表に降り注ぎますので、どちらの影響も受けない室内がもっとも安定していたことが分かります。
しかし、屋外で、かつ降った放射性物質の逃げ場がない場所は、放射線量が著しく高くなっていることが分かりました。
コンクリート地面のように水はけがよい場所は、下水に流れていくのでしょうが、土や水たまりなどは、染み込んだらそれまでだと言うことでしょうか。

文部科学省が公表している、測定日と同日の、埼玉県さいたま市の放射線量は0.06μSv/hほどでしたから、まあ値は一致していると言えるでしょう。

日本人一人が1年間に浴びても良い自然放射線量(公衆被ばく)は、1mSv/yと法律で決まっています。そこから計算すると、法律で許容される1時間当たりの被ばく量は、0.11μSv/hとなります。
雨天時のグラウンドの値はこれを超えていますが、24時間365日グラウンドに寝そべって暮らしたら、の仮定ですので、生活の半分以上を室内で過ごす人間にとっては、安全と言えます。(もちろん、汚染食品摂取による内部被ばくのリスクは別に考えましょう!)

今回の測定実験で、原発事故がまちがいなく関東の広範囲の土壌に影響を与えていることが確かめられました。
事故は現在は小康状態を保っているように見えますが、まだ気を抜くことはできません。


2011/05/06追記:
数十人の生徒たちの力を借りて、学校敷地内の一斉計測を行いました。現在、集計中です。データがまとまり次第、別記事にて公開します。機械の個体差や、微妙な気象条件の変化などの誤差を考慮した、厳密な統計結果が出ることが期待されます。

2011/05/11追記:
追加の計測結果がまとまりました! 記事はこちら
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    

こんにちは、友人に教えられてこちらにたどりつきました。越谷市に在住の小学生2人と赤ちゃんのいる母親です。

ずっと知りたかった埼玉県での地面の放射能値を知ることができました。ありがとうございます。

しかも、昨年の福島原発事故以前のデータがあるのが素晴らしいです。

私は小学校のグラウンドが放射能値が高いのではないかと心配して、子どもたちに校庭での活動を控えるように指示していました。

ですが、クラスメイトがみな外で活動しているときに、一人だけ保健室にいるのが苦痛らしく、本人が悲しがるため、不安に思いながらもマスク着用で許可することに2日前に決めました。

そこに昨日こちらのことを教えてもらって
だいぶ安心しました。
場所の条件によって多少の違いはあるでしょうが、とりあえず隣の市だし、きっとそんなに変わらないだろうと思います。

私も水が流れてたまるところは放射能値が高いという情報を得ていたので、池やプール、木の根元や芝生などは怪しいと思っていたのですが
予想と近いことが計測データで判ったので嬉しいです。

小学校の校長先生にははかるくんを借りて、学校で計ってもらってないかお願いしたのですが
市全体で計るならいいが一校だけやるのは難しいと
対面を気にしていましたので
公にするのではなくて、実験研究の一環として
環境の放射能を測定するとすれば
問題はないのではないかと思い、そのように説明したのですが、中々動いてはもらえなそうでした。

自分で放射線測定器を購入しようかとも思ったのですが、現在とても値が上がり、信頼できないものも出回っているようなので
入手が困難かと思い、どうしようかと悩んでいました。

なので、今回のこの発表はとてもありがたいです。
もしも可能なら、花壇や芝生、雑草が生えている植物まわり、木の根元、砂場、なども計測していただけたらとても助かります。

さいたま市の公園なども、どの程度のレベル、放射性降下物がたまっているのか…
でも、不安に思って恐れていた予想よりも
実測のデータが少なかったので、とても安心しました。

大変なこともあるかと思いますが、どうかこのデータを消さずに、続けていただけますと助かります。

小さい子どものいる母親たちにとっては
とても安心できるデータですので、そういう方に教えてさしあげたいと思います。

どうもありがとうございました。

2011.04.29 07:16 URL | inspiremaki #hQlfm3Mg [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
小さいお子様をお持ちの方が、今回の事故について大きな不安を抱えていらっしゃることは、たいへん理解できます。お気持ちお察しいたします。

各測定値については、はかるくんの精度の問題や、測定値点の少なさなどの問題があるため、あくまで参考値としてとらえて頂ければとは思います。

私の簡易計測が少しでも安心感を与えることができたのであれば、とてもうれしいですし、公開した甲斐があります。
私からのアドバイスとしましては、「放射線量が昨年よりも上昇している事実」と「人間にとって安全か」の問題は分けて考えた方がいいでしょう、ということでしょうか。

放射線量が上がった原因は、やはり原発事故であると考えざるを得ないでしょう。かつ、それによって漏れた放射性物質が関東圏に降り注いだことも事実でしょう。
しかし、土壌が汚染されたとはいえ、現時点では高い場所でも法定許容量と同程度ですので、全く問題ない、安全であると言い切れます。

雨に含まれる放射性物質ですが、ベント直後こそ激増したとはいえ、現在では埼玉県も東京都もほとんどゼロの値になっているので、私は最近は気にしていません。

プールの値は計測はしていませんが、仮に汚染されていたとしてもプール開きのときに新鮮な水道水が供給されるでしょうから、汚染が残るということはないんじゃないかな、と思います。

それで、他の地点での計測についてですが、平常時のデータがない地点で現時点の測定値のみを公開すると、「はじめから高かった」のか「汚染された」のか判別することができないので、申し訳ありませんが値を公開することはできません。ご了承ください。(ちなみに、自宅のある東京都北部の空間放射線量はすべて0.1を下回っていましたが、屋外に置いてある植物プランターの土の表面は0.12でした。参考までに。)

現時点では、お子様の、空間放射線による外部被ばくより、食品摂取による内部被ばくだけに気をつければ良いと思います。(ですが内部被ばく以上に、タバコの煙も危ないですが・・・。)女性に許容される内部被ばく量についての記事も書いておりますので、よろしければ読んでみてください。

はかるくんは教員であれば簡単に借りられる物なのですが、現在はレンタル希望が殺到し、借りられない学校が増えてきているとのことです。私が借りている物も、予定よりも早く返却しなければならなくなったほどです。今後更に入手が困難になることが予想されます。

最後に、今のところ、この記事について圧力などはかかっていません。ブログのことも学校側には報告してあるので、ご心配なさらず。
今後も、淡々と事実だけを伝えられるような記事を書いていきたいと思います。

2011.04.29 09:19 URL | たのかが #- [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。

誠実な答えをいただいて感謝しております。

低線量の放射線を長期に渡って浴び続けると
人間の身体にどのような影響があるのかは
実のところ世界的にもデータがあまりないのだと
最近知りました。

チェルノブイリの時でも、初期の頃は健康被害はないと言われていたそうです。

もちろん、私などよりも先生の方がお詳しいとは思うのですが、
母の気持ちとしては少しでも危険性があるものは、幼い子、特に3人とも女の子なので
避けていきたいと思っております。

私も、ここ何日間かは、雨でもだいぶ下がってきたのでやっと少し安心してきました。

気になっていたのは地面に累積している放射性降下物が風などでまいあがり、それを吸い込むのではないかということです。
子どもは活動地点が大人よりも低いですし
校庭の砂埃はすごいので…

プールも、掃除してしまえば水は循環するので
それは心配していないのですが
今現在、まだたまっている降下物を心配していて
その掃除をするのが6年生だと言うので
そのことを心配しています。

今市場で出回っている安い測定器よりも
はかるくんのほうが、信頼できるデータだと思ったので、お願いできないかと思いました。

平常時のデータがないと公表できないというのも
とてもよく判ります。
それでも自宅の植物プランターの数値を教えてくださって、ありがとうございます。

宮城で計られた方が空間の10倍近いと
ブログで書かれていたので、そうかな?と思っていました。
http://ameblo.jp/irmr/day-20110412.html

先生のデータも参考にさせていただきます。
感情的にならず、科学的データをきちんと理解した上で子どもたちの行動を決めて行きたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。


2011.04.29 10:16 URL | inspiremaki #hQlfm3Mg [ 編集 ]

はじめまして。

という事は田んぼは水を張られたらかなり高いですよね・・・?
うち四方八方田んぼなんです。
乳児がいるのでかなり神経使ってます。
ちなみに春日部市です。

2011.05.01 13:53 URL | muubuutoo #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

春日部市の線量は測ったことも情報を得たこともないので、すべて憶測になるのですが・・・

関東圏にドサッと放射性物質が降下した3月中旬以降、降下物の行き場がなさそうな場所でしたら、線量は高めになっているかも知れませんね。特に土壌表面が。
田んぼに水を張る張らないはあまり関係ないような気がします。放射性物質は水と反応してどうこうなるものでもないので。

ただ線量が上がっているとしても、それが人間に悪影響を与えるレベルかどうかは、実際に測定してみないと何とも言えないですね。
それに、地表の線量が高かったとしても、放射線量は距離の2乗に反比例して劇的に少なくなるので、放射線源が地面だけであれば、そこから数メートル離れるだけでほとんど影響が無くなるとも言えます。実際、地表0メートルと1メートルとでは、明らかに測定値が違いました。

やはり外部被ばくより内部被ばくの方が怖いですから、土壌汚染が明らかになった土地の食品の摂取を控えることのほうが、大切だと私は思います。

2011.05.01 14:43 URL | たのかが #- [ 編集 ]

お返事ありがとうございました。
春日部は素人さんですが測ってくれていて今日は0,14~0,22と高めです。
近くの柏はホットスポットですから仕方ないのかもしれません。
ため池、水たまりが線量が高い=田んぼが高いと思ってましたが違うかもしれませんね。
ともあれ心中穏やかではないですね。

2011.05.01 14:57 URL | muubuutoo #- [ 編集 ]

春日部は高めなんですね。
文部科学省はさいたま市のデータしか公表していませんが、(そもそもさいたま市しか測定していないのか・・・?)さいたま市は東京寄りですし、そもそも周りはコンクリートビルばかりで土が少ない地点なのかも知れませんね。

田んぼの表土は比較的線量が高いと思います。水が循環するようになればまた違ってくるかも知れませんが・・・。

2011.05.03 11:23 URL | たのかが #- [ 編集 ]

埼玉県庁で測定してるので春日部では測定しないって言ってます。どこの役所も本当に役に立たないですよ。田んぼの水は張りっぱなしで循環はしないらしいので大宮の実家に行くことにしました。大宮っても田舎の方なので意味あるかないか分からないですけど気休めです。
細かくありがとうございました!

2011.05.04 09:49 URL | muubuutoo #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.05.07 15:18  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.05.13 19:22  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.05.17 01:32  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.05.18 22:19  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/82-264f62d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。