TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、職場の学校の放射線量測定結果を掲載しました。(まずそちらの記事をお読みになってから、こちらの記事をご覧ください。)
後日、精度を高めるため、生徒たちの力を借りて校内一斉測定を行いました。これによって、測定器の個体差や、気象条件などの誤差を考慮したデータが集まると考えました。(統計的に正しいかどうかは分かりません。)

結果と考察は以下から。
※ 測定に使用した「はかるくん」は、子どもでも扱えるように作られた簡易測定器です。自治体から公式に発表されている測定値と、単純に比較することはできません。あくまで、参考値・傾向としてとらえましょう。

測定日:5月2日
天気:くもり
場所:埼玉県南部
備考:すべて地表にて計測


1.教室

平均値:0.04μSv/h
最大値:0.05μSv/h
最小値:0.03μSv/h
計測人数:80人
昨年の値:0.04μSv/h

鉄筋コンクリート造りの校舎内。


2.グラウンド

平均値:0.07μSv/h
最大値:0.11μSv/h
最小値:0.04μSv/h
計測人数:25人
昨年の値:0.02μSv/h~0.04μSv/h

土のグラウンド。周囲に高層の建物無し。風通し良い。雨が降ると水たまりが多数できる。


3.ビオトープ

平均値:0.08μSv/h
最大値:0.11μSv/h
最小値:0.05μSv/h
計測人数:21人
昨年の値:0.01μSv/h~0.02μSv/h

たくさんの植物が植えられている草むらと、そこに作られた人工池の周辺。地面はもちろん土。樹木も多数。池の水は循環しているときとしていないときがある。水は井戸水をくみ上げ。


4.校舎前の花壇・芝生

平均値:0.09μSv/h
最大値:0.12μSv/h
最小値:0.06μSv/h
計測人数:34人
昨年の値:0.02μSv/h

自然の土の上に作られた花壇と、芝生の上。降った雨が地面に染み込むのか、そのまま排水溝まで流れるのかは不明。ある程度は土壌に染み込んでいるとは思う。


今回の結果をまとめましょう。

私が以前測定した結果とおおむね同じ傾向を示しました。
原発事故があっても、室内の放射線量は横ばいでした。やはり、放射性物質が入り込んでいない場所の放射線量は安定していることが示唆されます。
一方で、屋外、特に土の表面の放射線量は間違いなく上がっていることが改めて確認されました。上昇幅には差があれど、昨年の測定値を下回った生徒は一人もいませんでした。
原発から拡散した放射性物質は、間違いなく埼玉県南東部の土壌に影響を与えていました。しかし、法定被ばく量である約0.11μSv/hを超えている地点はあるものの、超過量も大きくありませんし、1日中屋外で過ごさない限りは全く問題ないことには変わりありません。それ以上に、医療放射線や、飛行機に乗って浴びる放射線(宇宙線)による被ばくの方が大きい場合が多いですからね、普通は。
やはり気をつけるべきは内部被ばくですね。やっぱり。
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    

さいたま市見沼区に住む幼稚園児の母です。
ずっと園庭や土の上の数値がきになっていたのでコチラのblogをみてとても安心しました。
とはいえまだまだ地表近くで遊ぶ(砂場)子供の事を考えると心配ではありますが・・・・・。
雨上がりの数値が高くなっていましたがこれから梅雨にはいり、どんどん数値があがっていくことは考えられますか?事故前のさいたま市は0.03マイクロだったので今の数値ですとまだまだ原発から飛んできていると思われるので・・・

あと食品には気をつけなければと思います。
空気の汚染がない状態での国が決めた規制値では安全なのかもしれませんが空気がいつもより汚染されている状態では規制値以下でもあっても足し算で危険な数値になると思うからです。家ではきをつけてあげれても先のことを考えると小学校の給食など心配は尽きません・・・。
グチになってしまいすみません。
とにかくこのようなブログを公開していただき感謝しております。

2011.05.18 22:19 URL | caba #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
私が公表している数値はさいたま市で測定したものではないのですが、まあまあ近い場所ですので参考にして頂けたら幸いです。

ここからは私の想像ですが、梅雨に入っても地表放射線量は特に上昇はしないと思います。
雨が降って放射線量が上がるということは、その土地の上空に放射性物質が風で流れてきた事を意味しますが、事故発生後数日間のベントで漏れた放射性物質の量は莫大でしたが、現在漏れている量はかなり少ないと考えられます。現在漏れている量が少なければ、それだけ雨に溶ける放射性物質の量も少なくなりますので、関東圏の土壌が追加で汚染されるということは、無いのではないでしょうか。(これからも無いと信じたいですね・・・)

それに現在の放射能汚染の原因ですが、原発から未だに飛んでくる放射性物質というよりは、3月に漏れ出たセシウムがほとんどであると考えられます。ヨウ素131は半減期がたった8日なので、3月にいっぺんに漏れ出たヨウ素はほぼすべて消滅したと予想できます。しかしセシウムの方は半減期がとても長いので、一度降り積もったら数十年は数値がそのままです。(風で飛ばされでもしない限り)

セシウムは、植物の必須栄養素カリウムにそっくりですので、これから育つ作物は放射性セシウムをもりもり吸収してしまうかもしれません。そのあたりが心配ですね。

2011.05.18 22:55 URL | たのかが #- [ 編集 ]

千葉県に住んでいますが、埼玉には素晴らしい先生がいらっしゃって羨ましいです。

教室の数値は、私が想像するには、
子供たちが砂や土を靴や服につけて入ってくるので、もっと数値が高いと思いましたが意外です。

埼玉では公にされている(だいだいビルの何階での測定)はいくつなのでしょうか。

千葉では市原が0.04くらいですが、
ビルの3階?だったような気がします。

もっといろいろな数値が知りたいです。
参考にさせてください。

2011.05.18 23:07 URL | カナ #- [ 編集 ]

確かに服や靴に付着した放射性物質は室内に持ち込まれますが、線量を高めるまでの量は持ち込まれないでしょうから、その点については無視しても良いと思います。

埼玉県では、さいたま市内での測定結果が毎日県から報告されています。
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html
これによると、空間放射線量はビルの4階で測定しているようなので、これだけでは土壌汚染までは分かりません。
しかし埼玉県は良心的で、放射性降下物の量も毎日測定してくださっています。これは雨やチリに含まれる放射性物質の量ですので、土壌汚染度合いの参考になります。

現在では放射性物質の漏出は少なくなってきているでしょうから、空間放射線量データはもうあまり価値がないかも知れません。それよりは、降下物量と、長期にわたっての土壌放射線量測定の方が重要になってきていると思います。

2011.05.19 22:22 URL | たのかが #- [ 編集 ]

たのかが様、コメントありがとうございます。
千葉市では日本分析センターというのがあり、
そこでは地表から1.5メートル測定で0.130前後です。

これは事故前よりは高いですが、外部被ばくのみで24時間で計算してしまうと
1年に1ミリシーベルトは何か月かで超えてしまいます。
(1日の数値の一番高いので計算しているので)。
しかし、内部被ばくがあり、給食の食材や牛乳・校庭の蓄積したセシウムからの外部
と吸った内部被ばく、全部含めて安全なのかどうか・・・・
どこへ尋ねても「健康に害はない」で逆に不安です。

子供が学校や幼稚園から持ち帰った砂や埃についた放射性物質で、
家の中の数値も高いかと思いましたが、そこまででもないということで安心しました。

また測定結果などよろしくお願いいたします。

2011.05.20 14:03 URL | カナ #- [ 編集 ]

草加に住んでいます。近い三郷が<span style="background-color:#FFFF00;">放射線量</span>が少し高いと聞いて心配しております。さいたま市情報は少し遠く、先生は南東部と聞いて少し安心しました。給食も地場産のため気になっています。室内は量が前とあまり変わらないと言うのはとても安心いたしました。

2011.05.21 22:35 URL | マルコ #- [ 編集 ]

草加にお住まいとのことですが、私の職場は南東部とはいえ、草加とはだいぶ離れているのです。ですので、さいたま市の方が近いと思われます。
三郷や松戸や柏がホットスポットであるとの噂はよく耳にします。地場産品の給食というのも、ちょっと怖いですね・・・。若い子どもたちには、できるだけ安全な食べ物を食べさせてあげたいものですが・・・。
ただ、ホットスポット地域であっても、ある程度の気密性のある建物内は、線量は安定していることに変わりはないと考えています。
草加の土壌放射線量がどうしても知りたいということでしたら、教育関係者の方に「はかるくん」を借りてくれるよう依頼されるのか、最も効率的であるとは思います。

2011.05.21 22:54 URL | たのかが #- [ 編集 ]

たのかが様

先生のような方が、うちの子の学校にも
いらっしゃればいいのにと思いました。

一つうかがってもよろしいですか。
他の先生方は校庭にセシウムが溜まっている
とか、子供の内部・外部被ばくについては
ご存知の方はいらっしゃるのでしょうか。

先日、学校の校長先生に心配であると
話に行きました。
困った親であることは承知の上です。
ただ、やはり県からの対策がなければ
何もできないとのことでした。
教育委員会では手洗いうがいの実施を
一応呼びかけている、と聞きましたが、
これは放射性物質だけの事ではないようで・・・。
先生方が、本当はみなさん心配してくれていると信じたいです。

2011.05.25 13:20 URL | チャイ #- [ 編集 ]

お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。

一般的なことしか言えませんが、理科の教員であればある程度の専門知識は皆さんお持ちのはずですので、そういったことを認識している方が大多数であるとは思います。
ただ他の教科の先生となると…何とも言えません。そのような問題を学校全体で共有しているかどうかなど、学校の雰囲気などによって左右される問題のような気がします。あくまで私個人の意見ですが。
公立か私立かによっても、組織の構造上、対応に違いが見られるかも知れません。

手洗いうがいが、内部被ばく対策になるかというと、私としてはちょっと疑問です。あまり効果がないのではないかと…。
しかし、被ばく以上に、感染症予防の見地から手洗いうがいは大切ですね。

2011.05.26 12:41 URL | たのかが #- [ 編集 ]

すみません。
バカみたいな質問なのですが、メルトダウンがおきている可能性が高いのに
なぜ扱いがぞんざいなのですか?

2011.06.01 16:29 URL | バスライト #- [ 編集 ]

扱いがぞんざいというのは、私のブログでメルトダウンについて取り上げていないことを指しているのでしょうか、それとも、メディアや政府が大々的に報じない現状を指しているのでしょうか。

前者でありましたら、いくつか理由があります。主な理由としては、

メルトダウンが起こっていたことが公表されたのは最近ですが、事故発生初期に公表されていたデータを組み合わせて考えると、メルトダウンが起きているのは容易に想像できた、言い方を変えると、「とっくに知っていた。」ので、今更記事にする必要性が感じられなかったからです。

「メルトダウン」と言うとすごい重大事のように感じますが、事故初期の「炉心溶融」の時点で重大事ですし、定義によっては炉心溶融=メルトダウンであるとされているので、ほんとに初期の頃からメルトダウンしっぱなしであったと言えるでしょう。
燃料棒の大半が空気に触れている状態が数日続いていることは、報道から分かっていましたし、それだけ長時間たてば、燃料棒被膜どころかウラン燃料自体が融けることは十分可能性がありました。そして融けると言うことは液体になることですから、それが容器内に落下して、容器を破損させるというのも、あり得ない話ではなかったわけですね。

こんな理由でよろしいでしょうか?

2011.06.01 22:39 URL | たのかが #- [ 編集 ]

言葉足らずで申し訳ありません。
私が質問したかったのは
後者のほうなのでしたが
そちらのほうも少し気にはなっていましたので詳しい説明ありがとうございました。
そこで質問なんですが、
コメントを拝見していて気になったのですが容器の破損がこれ以上悪化することはあるのでしょうか?
また、悪化した場合どのようなことが起こりうるのでしょうか?
是非、解答お願いします。長文失礼しました。

2011.06.02 12:23 URL | バスライト #- [ 編集 ]

まず、あらかじめ断っておきたいのは、私は原子力の専門家ではありませんし、福島原発の構造について熟知しているわけでももちろんありません。それを前提としたコメントですので、話半分で読んで頂ければと思うのですが・・・

圧力容器はある程度の厚さの鋼鉄でできているそうですが、下部にある制御棒挿入口は構造上、頑丈につくることができないとされています。ですので、圧力容器の破損箇所はここではないかとされていますね。
これは、圧力容器と格納容器が空間的に繋がってしまっていると言えるわけですが、さらに格納容器にも数センチ大の穴が開いているとされています。
つまり、一番危険な圧力容器と外界との間には、実質もう仕切るものがない状態なのでしょう。もちろん、外界との接続部はそんなに大きくはないでしょうけれど。

さて、この穴が更に広がる可能性ですが、正直私には分かりません。破損位置がそもそもわからないので、いろいろなケースが考えられるためです。
最悪なケースとして考えられるのは、再臨界が起こることですが、チェルノブイリみたいに大爆発はしないと思います。原子炉のタイプが異なるので。しかし仮に再臨界が起こって作業員が近づけなくなったら、半永久的に放射性物質を静かにばらまき続けるという事態になる可能性はあります。もちろん起こっては欲しくないですが。

2011.06.02 22:45 URL | たのかが #- [ 編集 ]

越谷が住まいで春日部の幼稚園へ子供を通わせております。去年との比較ができるなんてとても参考になります。有難うございます。周囲で気にしているママは私だけのようで先生に相談しても良い回答は無く、裸足で園庭遊びやプール開きも済んでおり心配です。また、半年前に新築した木造の自宅も窓のサンから雨水が入っていたのが先月末わかり、恐らく以前からと考えられ、最大値だった頃の雨水も自宅内に進入してたかと思うと自宅にいても落ち着かず、、どこに相談しても「全く問題ないです」の一言。以前の生活が早く戻ってこないかと願うばかりです。でも、土については長年回復しなそうですね。大人は良いですが小さい子供への影響はほんとうに大きそうで不安な日々が続きそうです。

2011.06.11 14:57 URL | まみ #- [ 編集 ]

お忙しい中、申し訳ございません。

プールの季節になりました。
先生はプールについてはどうお考えになりますか?
うちは千葉県ですが、市長が清掃は業者に委託・・・と言ったのに、実際は高学年が掃除していたり、市長は雨も気になるなら定期的に水の交換をする・・・と言っているのに、いつ交換するのか保護者にはわからない状態です。

かといって、ガイガーカウンターを持って学校に行く勇気はありません。水質も保護者には検査できません。

学校のプールは雨の水が入りますよね。最近では不検出が多いですが、プールサイドや見学するときの場所などの線量などはどうなのでしょうか。
千葉でも子供の施設にて校庭・園庭真ん中での測定を開始、0.2ある場所もあるようです。草木のある場所、水のある場所はもう少し高いでしょう。
また、プールの水についても検査すると県では言っていますが、結果が出るのがだいぶあとです。

学校にあまり問い合わせるのも、親の私はいいですが、子供への影響も考え控えながら、毎日心配しています。

2011.06.13 10:32 URL | カナ #- [ 編集 ]

まみ様

お返事が遅くなりました。
最近、放射線測定器の貸し出しをしている会社があるという話をちらほら耳にしています。テレビでもやっていました。お金はかかりますが、そのような会社&信頼できる機器を利用されるというのもひとつの案かも知れません。
ただ、ほとんどの測定器は空間放射線は測れますが、内部被ばくの指標となる食品の放射線を正しく測ることはできませんので、測定器を入手したからといって完全に安心することはできないのが難点です・・・。

2011.06.21 17:12 URL | たのかが #- [ 編集 ]

カナ様

お返事が遅くなりました。
プールですが、水道水をはりなおすと言っても、その水道水自体がもともとは雨なわけですし、やはり雨に放射性物質が含まれていたらあまり意味がないような気がします。しかし、おっしゃるように最近は雨に含まれる放射性物質がほとんど無い状態が続いていますし、この状態は当分続くのではないかと思います。
プールの水が昨年からはりっぱなしだった頃は、プール周辺はかなり線量が高かったのですが、新しい水を入れたのであれば線量は下がっているはずです。
プールサイドなどは・・・正直分かりません。基本的に水はけは良いはずですので、放射性物質が溜まり続けるといったことはないとは思うのですが・・・。

2011.06.21 19:22 URL | たのかが #- [ 編集 ]

先生、お忙しい中ありがとうございます。
千葉でも学校にガイガーカウンターを持って
各場所を測らせてもらったお母さまがいるようで、
見学している椅子の方が線量が高かったりするようです。
先生は測定していらっしゃるかと思いましたが、
先生も専門家ではないのに無理な質問をしてしまいました。

どっちがいいともいえなそうですが、水道水の事を考えると、
プールに入る方がよさそうな気もします。

2011.06.22 10:34 URL | カナ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.06.30 08:47  | # [ 編集 ]

まみ 様

放射線計には、ガイガーミュラー管方式やシンチレーション管方式など、いくつかの種類があります。はかるくんはシンチレーション管方式です。
ガイガーミュラー管方式の線量計も使ったことがありますが、確かに平均値の値がすごくぶれていましたので、そんなもんなのかも知れないです。それに測定単位がcpm(毎分何カウント)ですと、その数値を特殊な計算式を用いてシーベルトに換算しないと、放射線の影響を測ることは不可能です。
食品中の放射性物質はやはり専門の装置で解析しなければいけませんが、食品表面から発せられる放射線だけなら、ベータ線も測れる市販品である程度調べられるかも知れません。ただ、ベータ線は飛距離も透過力もかなり弱いので、測定するのがかなり難しいらしいです。

2011.07.05 11:16 URL | たのかが #- [ 編集 ]

はじめまして飯能市にすんでいます
飯能市では、最近放射線の測定を市で一度したきりです。
実際のところどうなのかちっともわからないのですが放射能がたまらなかった安全な地域だといわれています。
近辺でどこか低い地点でしらべているような所をご存知でいらっしゃいますか?

あと先生の学校の給食は、何か対策されていますか?

2011.07.15 03:55 URL | 飯能ママ #- [ 編集 ]

私は飯能市周辺では測定したことはありません。

市が測定して、安全だよ、と言ったとしても、測定した場所が地面か空間かでだいぶ数値は異なりますし、意味合いも違うので、本当に安全かどうかはそれだけでは判断できないですね。

あと私の学校は給食制ではないので、コメントできません。すみません。
ただ個人的に、食品の産地については敏感になっています。(外食をする時点である程度の妥協は必要なのですが・・・。)

2011.07.15 17:10 URL | たのかが #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/88-f3c54ab2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。