TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
qb.jpg

ネットの世界を漂っていると、ネットの中だけでしか使われていないであろうトレンドワードに遭遇することが多々あります。それが科学に関することだったとしたら、ツッコミや考察をしてみたくなるのは科学者の性・・・でありましょうか(笑)

近頃気になっている言葉は、おそらくこちらのアニメが元ネタの、「エントロピーを凌駕した!」というセリフ。

物理や化学を勉強した人にとっては、「えっ?」と首をかしげたくなるセリフかもしれません。
今回はこの「エントロピーを凌駕する」に軽くツッコミを入れてみます。(要は単なるネタ記事です。)

続きは以下から。
「エントロピー」は、よく「乱雑さ」という言葉に言い換えられて教えられています。
きちんと整理整頓されている状態が「エントロピーが小さい状態」で、ものが散らばっている状態が「エントロピーが大きい状態」などと例えられます。

しかし化学や物理において、エントロピーと並んで取り上げられるのが「エンタルピー」です。発音はよく似ていますが全然違う言葉ですよ。
「エンタルピー」は、「化学エネルギー」やら「熱エネルギー」などと言い換えられていることが多いでしょうか。
発熱反応のことを「エンタルピーが下がる」と言い、吸熱反応のことを「エンタルピーが上がる」と言います。

エントロピーとエンタルピーは、化学変化を理解する上で必須となる概念です。
化学変化(化学反応)には二つの大原則があります。それは、

1.化学変化は、粒子が乱雑になる(エントロピーが大きくなる)方向に進みやすい。
2.化学変化は、熱を発生させる(エンタルピーが下がる)方向に進みやすい。


この二つの変化の大小によって、化学変化が起こるか、起こらないかが決まっています。
(ここで、ギブス自由エネルギーという概念が出てくるのですが、今回はここまで詳しく解説しません。)

エントロピーとエンタルピーについて、アニメーション風味で学べる動画があるので、紹介します。
こちらの番組の、序盤の数分間が比較的わかりやすいと思いますよ。

サイエンスフロンティア21 (34)国際共同研究エントロピー制御プロジェクト 僕はエントロピー|サイエンスチャンネル

さて、では今回のテーマですが・・・「エントロピーを凌駕する」を直訳すると・・・
「乱雑さを超える」・・・になる?

うーん、エントロピーって勝手に増えていくものなんだから、凌駕するも何もないと思うけど・・・。
それとも、エントロピーを超えるスピードでバラバラになっていくという意味? はたまた逆に、エントロピーに逆らう力が生まれて秩序が生じるってことかな? 予想は尽きないぞ。
アニメ本編を見ていれば分かったのかなぁ・・・?

結局考察しきれませんでした。(おい)

では今回のまとめです。
サイエンスフィクション(空想)作品に科学的なツッコミを入れるのは、やっぱり野暮なことですね。サイエンスフィクションはあくまでフィクションとして楽しみましょう!(でもこれからもツッコミを入れるんだろうなぁ・・・。)
関連記事
スポンサーサイト
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    

大学二年生物理学科の者ですo(^-^)o
ネット検索から来た通りすがりの者です。


作中では宇宙が膨張しているのにエネルギーは一定で、
何かエネルギーを得ようとしても、
エントロピー増大の法則のせいで効率よくエネルギーが得られないという悩みをマスコットキャラの白い生き物は言っているみたいです。


そこで主人公の小学生を利用することによって、
そのマスコットキャラが行った投資より、
主人公が魔法少女になることによって得られる感情エネルギーというもののエネルギー量の方が遥かに大きいということで、
エントロピー増大の法則があるにもかかわらず、
エネルギーのロスどころか投資以上の感情エネルギーを収集出来たことに対して、
マスコットキャラが大喜びして放った言葉が「エントロピーを凌駕した」ということみたいです(^O^)


ながながとキモくてすいません(笑)


読んでくださってありがとうございました(^O^)

2011.11.10 15:50 URL | YT #JalddpaA [ 編集 ]

YT様 コメントありがとうございます。

そうだったんですかー。自分はアニメ本編は全て見ていない中でこの記事を書いたものですから・・・そんなバックグラウンドがあったのですね。
片方ではエネルギー保存則を持ち出しておきながら、もう片方ではそれを無視しているような気がしないでもないですけど(笑)
まぁ、フィクションだからということで納得することにします。でないと楽しめませんものね。

2011.11.10 21:30 URL | たのかが #- [ 編集 ]

エネルギー保存ですね(>_<)


作中では感情エネルギーに関してはエネルギー保存則を考えないという、ある意味では神秘的というか人の意志はすごいんだみたいな扱いになってるので自分は好きでした(^O^)


しつこいですよね!すいません(笑)

2011.11.11 01:38 URL | YT #B3MVi5n2 [ 編集 ]

主人公は小学生ではなく中ニです。

2013.01.13 22:13 URL | 名無しさん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanokaga.blog112.fc2.com/tb.php/89-0c9c25ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。