TANOKAGA! ~たのしい科学~

教科書では語られない科学ネタの紹介・解説を中心とした、学生向けのブログ

このブログについて

TANOKAGA! ~たのしい科学~ へようこそ。
ここは、私が「気になった科学ネタ」「自作した動画教材」などを紹介するブログです。

教科書には詳しく載っていない事柄で、かつ授業で使えるかもしれないネタを中心に記事にしようと思います。 視聴覚素材の利用や、わかりやすい解説で、中学生や高校生が理解できる記事を書いていきたいです。
もちろん、科学に興味を持った大学生以上の方も大歓迎です。 ただ、その道の専門を学んでいる方にとっては、簡単ゆえに物足りないかも知れません。

記事に誤字脱字・間違い・意見等がありましたらコメントまたはメール(下の方にある送信フォームをご利用ください)をお寄せください。できるだけ早く対応します。
また、管理人の職業柄、すべてのコメントは承認制となっております。ご了承ください。


☆☆☆ 各カテゴリの説明 ☆☆☆

自作動画教材
YouTube たのかがチャンネルおよびニコニコ動画 たのかがの公開マイリストにて公開しています。
  • TANOKAGA!・・・実験,解説,応用など盛りだくさん?のメインコンテンツ
  • TANOKAGA!Petit・・・ちょっとした実験をちょっとした時間で紹介します
  • TANOKAGA!Library・・・各種データや、資料性のある実験映像を淡々と紹介
  • ニコニコ動画・・・多くの若者に科学のおもしろさを伝えたい!
  • 科学番組・・・自作動画ではありませんが、私が監修等で制作に関わった科学番組です

科学ネタ
  • 中学生or高校生向け・・・一般的な学習進度に合わせた、大まかな区別です。中学生以下でも興味があれば、ぜひ高校生向けの難しめの記事を読んでみてください。
  • リテラシー・・・たくさんの情報の中からウソを見抜くスキル、それがリテラシー能力です。広く知られている情報が真実とは限りません。筋道立てて考えれば異なった真実が見えてくることがあります。
  • 科学と軍事・・・人類の歴史は科学の歴史、そして戦争の歴史でもあります。戦争によって多くの科学は発展してきました。戦争を理解することで、科学の理解を目指すのがこのコンテンツ。敬遠しがちな人も、現実に目を向けてみてはいかが。

生徒諸君へ
皆さんへの諸連絡は「生徒への連絡」カテゴリにあります。
限定公開記事なので、パスワードを入力してから閲覧してください。


web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「こんなところにも接着剤」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
身近な存在であるがゆえに、普段あまり意識することのない接着剤。でも実は、想像以上に、様々なところで使われています。例えば、飛行機、宇宙ロケット、エレベーター、自動車、建材、手術時の皮膚の接合などにも、接着剤は活躍しています。
また、用途に応じて、様々な種類の接着剤が開発され、産業技術を支える存在になっています。例えば、「導電性接着剤」は、電気を通す接着剤。有害物質に対する懸念から、近年使いにくくなった「はんだ」の代わりに使われます。また、「解体性接着剤」は、後から剥がせる接着剤です。エレクトロニクスの現場では、なくてはならない存在になっています。
東京工業大学の佐藤千明先生の研究室では、溶接と接着剤を組み合わせ、より強い自動車を作る研究を行っています。

たのかがのひとこと解説:
身近な接着剤というと、のりや木工用ボンドなどが連想されるでしょう。さらにちょっと理解があると、瞬間接着剤やプラスチック用接着剤なんてものも簡単に入手できますね。ですが、接着剤の世界はそれだけじゃない、というお話です。接着剤の中身は化学物質であるので、新たな化学物質が発見されたり、知られざる特性が判明すると、接着剤の技術そのものが大きく進化する可能性があるわけですね。「接着剤なんて古くて枯れた技術・・・」とは思わずに、どんどん進化する接着剤ワールドに興味を持ってみるのも良いでしょう。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「先生芸人が解説する 笑いと科学の秘密」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
笑いの絶えないサイエンスカフェ、そんな珍しいイベントが「さかさパンダサイエンスプロダクション」主催により東芝科学館で開かれました。
ゲストスピーカーは理系大学の先生でありながら吉本興業の芸人でもある黒ラブ教授。
黒が「好き」というのが名前の由来?
子供たちも交え笑いに包まれた中で、笑いの秘密を科学的に教えてくれました。
笑いには微笑む笑い=smileと、面白がる笑い=laughの2種類があり
smileはDNAに組み込まれたストレス解消の笑みなのに対し、laughは人生経験に裏打ちされた後天的な笑いだそうです。
運動効果や免疫力の働きを適正化するなど科学的に見ても笑いは身体に好いことをデータを交え教えてくれました。

たのかがのひとこと解説:
「笑うことは健康に良い」といった仮説はだいぶ昔から言われてはきましたが、最近では様々な裏付けデータにより示唆される段階まで来ているのですね。とくに、笑いには「smile」と「laugh」の二種類があり、それぞれ生物学的に別物だという点には興味をそそられました。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「サイエンスバーが作る新しい働き方」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
「サイエンスバー」とは、お酒も飲めるサイエンスカフェのこと。若き医療機器研究者の野村さんが主宰しています。科学のお話とお酒・食事がマリアージュ、ぴったり合う、という意味だそうですが、もう一つ、研究者とお客さんが対等な立場で楽しんでほしいという意味もあるそうです。
その野村さんがサイエンスバーを始めた理由は、自らを含め多くの研究者が期間限定の非正規雇用により不安定な生活、研究条件に置かれている中で、労働条件や環境を少しでも改善できればという思いからです。自らの主宰するサイエンスバーのような活動が、社会に認められ、研究者たちの新しい活躍の場として位置付けられることを目指しています。

たのかがのひとこと解説:
理系、とくに生命系の博士号を取得した学生は、昨今のバイオブームや就職状況の影響でかなりの数に上ると言われています。しかし、せっかく博士号をとっても、その専門を生かすことができる職業に就ける人はその中の一握りです。生命系の産業は規模が小さいため、人材の需要も少ないのです。では、企業の研究者として正規雇用で雇われなかった博士はどうなっているのか。彼らの一時的な行く先は「ポストドクトラルフェロー(ポスドク)」という傭兵のような扱いの研究者です。このような「あふれて余る博士号」の事実は、日本社会の問題点として話題に上ることもありますが、解決策が見出せていないのが現状です。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「モーションキャプチャー in 豊橋」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
農業、工業共に豊かな生産力を誇る東三河。その中心都市である豊橋のサイエンスカフェを訪問しました。
豊橋技術科学大学のサテライトには老若男女が会していました。月2回のペースで6年間続いている「東三河サイエンスカフェ」は、この回で何と105回目。コンピュータサイエンスが専門の河合和久先生がオーガナイザーです。
今回のテーマは「モーション・キャプチャー」。人や物の動きをカメラ撮影等によりコンピュータに取り込み、ゲームやアニメなどで人の動きを表現したり、スポーツ選手のフォーム解析、リハビリによる運動機能回復の確認などその応用範囲は広くなっています。
三次元入力の説明やウサイン・ボルト選手の走行フォームの説明に目を輝かす参加者。このカフェを通して社会貢献をしたいという河合先生のエネルギ―が感じられるレポートです。

たのかがのひとこと解説:
モーションキャプチャーというと番組内で登場したような、体中に位置検出用の球体を取り付けて、多数のカメラで囲んで撮影・・・といった形態のものを連想するでしょう。しかしこの方法はお金がかかり、専門設備も必要となるので一般人には手が届かない技術です。しかし、例えばXbox360の周辺機器「キネクト」はお手軽に使えるモーションキャプチャのひとつです。カメラが2個しか搭載されていないので精度は劣りますが、追加機材なしで誰でもモーションキャプチャの世界に触れることができます。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「花粉症のお話しと茶会の心意気」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
多くの人を悩ます花粉症、薬は欠かせないアイテムです。しかし、眠くなるなど薬の副作用の原理とメカニズムを知っておくことも大事です。
薬の豆知識から脳のヒスタミンをめぐる脳のお話を「のぎ茶会」というサイエンス・カフェで、NPO法人市民科学研究室 横山雅俊先生が解説してくれました。実は、眠さは感じないものの無自覚のうちにパフォーマンスが低下する副作用があり、その症状を医学用語でインペアードパフォーマンスというそうです。要注意ですね。
「のぎ茶会」とは司会を務める 「たかさん」が主宰しており、社会との接点を見据えた題材を用い、時には研究者以外のゲストもお呼びする気軽で幅広い分野を扱う茶会イベントを模索しています。

たのかがのひとこと解説:
花粉症のお話・・・というよりは、なぜ花粉症薬を飲むと眠くなるのか、ということについての番組です。花粉症薬に限ったことでは無く、飲むと眠くなる薬の作用機序はみんなこうなのかもしれません。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「京都伝統技術を科学する 第四回 伝統構法による建築」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
釘やボルトを使わず、木材を組むことで家を作り上げていく、「軸組」という伝統構法の最大の特徴は「弱さ」を逆手にとった耐震性です。木には、捻じれや引っ張る力には強いが、突然の衝撃には弱い、という特性があります。「軸組」による家は、家全体が地震による衝撃で歪むことで、逆にそのエネルギーを逃がすのです。
「軸組」による家づくりを行っている伊東さんが、特にこだわっているのが、「石場建て」と呼ばれる構法です。基礎を築かず、家を石の上に置くことで、地震時に家全体が石の上で微妙にずれ、地震のエネルギーを分散します。地震国日本で生まれた、先人の知恵です。

たのかがのひとこと解説:
こちらの記事をご覧ください。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
サイエンスチャンネルにて、ニュースミニ「京都伝統技術を科学する 第三回 京瓦職人の挑戦」が配信開始されました。
(ニュースミニについてはこちらの記事をご覧ください。)



ニコニコ動画で視聴すれば気軽にコメントがつけられます!
動画へのコメントをお待ちしております!

番組概要:
漆黒の輝き。京瓦独特の質感の源は、仕上げ段階の「磨き」工程にあります。しかし、その技術を継承する職人は時代とともに徐々に減り、今では浅田晶久さんが最後の一人です。
浅田さんは、技術を後世に残すべく、伝統みらい教育研究センターと協力し、「磨き」の技術のデータベース化に取り組んでいます。同時に浅田さんは、「本うす」という、幻の京瓦の復元に挑戦しました。その製造工程の複雑さと、求められる品質の高さから、今では誰も作らなくなっている「本うす」。浅田さんは、伝統みらい教育研究センターの協力のもと、古い記録を手がかりにしながら、昨年、見事に試作品第一号を完成させました。
こうしたチャレンジは、技術の継承という観点からも、有効だと浅田さんは言います。「失敗したら、何故失敗したかを記録に残せばよい」浅田さんの、「磨き」技術の未来への情熱を取材しました。

たのかがのひとこと解説:
こちらの記事をご覧ください。
[タグ未指定]
「おもしろかった」「ためになった」と感じましたらぜひクリックをお願いします!
web拍手 by FC2  このエントリーをはてなブックマークに追加    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。